復興・防災

災害時にも個室空間を 市が簡易間仕切り供給協定

 市とNPO法人「ボランタリー・アーキテクツ・ネットワーク」(VAN)は2月15日午後1時半から市長公室で「簡易間仕切りシステム等の供給に関する協定」の締結式を行った。

 VANの代表理事を務める坂茂(ばん・しげる)さんは世界的に活躍する建築家。1995年の阪神・淡路大震災の後、建築面から被災地を支援しようとVANを設立した。

 坂さんは避難所でのプライバシー確保のため「簡易間仕切りシステム」を考案。紙管を組み合わせた枠組みに布をかけるだけで、縦横高さ各2㍍の個室空間を作ることができる。

 さらに、その中に置く「ハニカム簡易ベッド」は紙ボードを組み合わせて、わずか30秒で完成する。

 東日本大震災では2000ユニットを設置するなど、国内外の14 回の災害時に、避難所で活用されてきた。

 今回の協定により、浦安市で災害が起こった時、市の要請により、これらのシステムが供給されることになる。 費用は間仕切り1式1万1000円、ベッド1台5000円、セットで1万5000円。

 全国で多くの自治体がVANと同様の協定を結んでおり、県内では船橋市、市川市に次いで3番目となる。

広告画像

関連記事

  1. 猫実A地区も都市計画告示 自転車通行帯で車と分離 猫実A地区も都市計画告示 自転車通行帯で車と分離
  2. 「市民を笑顔にする」 サッカーを通して恩返し ブリオベッカ浦安 「市民を笑顔にする」 サッカーを通して恩返し ブリオベッカ浦安
  3. 浦安中央ライオンズクラブが義援金 浦安中央ライオンズクラブが義援金
  4. 小規模飲食店に消火器設置“要望”へ 4月から消防本部 小規模飲食店に消火器設置“要望”へ 4月から消防本部
  5. 自分たちのまちは自分たちで守る 浦安市消防団員を募集 自分たちのまちは自分たちで守る 浦安市消防団員を募集
  6. 浦安市が東電PGと災害時協定締結 浦安市が東電PGと災害時協定締結
  7. 総合防災訓練開催 状況に応じた防災を学ぶ 総合防災訓練開催 状況に応じた防災を学ぶ
  8. 災害時の実践型訓練 地域住民など約300人が参加 災害時の実践型訓練 地域住民など約300人が参加

新着記事

  1. 内田市長が再選を果たす 新型コロナ禍の中、異例の選挙戦を制す
  2. 再選内田市長が初登庁
  3. 第55回関東サッカーリーグ開幕 ブリオベッカ浦安が快勝
  4. 都並監督、小島選手 今シーズンの抱負語る
  5. ディズニーランドに屋内シアター オープン 「ファンタジーランド・フォレストシアター」

ダイニチグループ
ベアビル株式会社
株式会社ウラタ
佐野産婦人科医院
メディケア浦安/田所医院
株式会社富士屋商事
市民の新聞「うらやす情報」
田中屋海苔店

嘉永四年江戸時代創業の老舗質屋
江戸前佃煮 株式会社西金
今なお世界には、安全な水が供給されずに死んでいく子供たちが年間100万人以上います。あなたの力を貸してください…

PAGE TOP