経済

明海大学生たちのワイン造り ブドウ育成やラベル考案など、一連を学生が担当

醸造会社が協力、今春のお披露目会も大好評

浦安市の明海大学ホスピタリティ・ツーリズム学部の学生たちがワインプロジェクトに取り組んだ。山梨県のワイナリーのブドウ畑を借り、心を込めてブドウを育てた。今春、さわやかな味わいの「めいかいわいん2018」が仕上がった。

めいかいわいんお披露目会

めいかいわいん2018

プロジェクトは平成28年度から始まった。高い水準のワイン造りを目指す白百合醸造会社(山梨県甲州市勝沼町)の協力を得て毎年、実施している。

昨年、プロジェクトに取り組む学生たちが春から秋にかけて同社のブドウ畑に足を運び、枝切りや紙袋かけ、収穫などの農園管理作業を手伝った。
また、ワインの試飲を重ね、専門家による勉強会を開いてワインや料理に関する知識を増やしていった。ボトルのラベルのデザインも学生が担当した。
仕上がったワインは「さわやかで、すっきりした味わいです。和食に合います」(学生)という。300本製造した。

「めいかいわいん2018お披露目会」が明海大学で開かれた。学生たちが運営し、明るい雰囲気に満ちていた。関係者が集まり、ワインを試飲したが、とても好評だった。
明海大学に駆けつけた白百合醸造の内田多加夫社長は「ワインはブドウで決まる。学生たちは雨の日も風の日も畑の土を踏んで作業を行った。現場主義が大切。素晴らしいプロジェクトだ」と高く評価した。
また、浦安観光コンベンション協会の桑田幸一会長も会場で試飲した。「汗をかくことが素晴らしい結果になる。ワインはおいしかった」と笑顔で語った。

今後、学生たちは同協会の協力を得て、主に浦安市内のイベントなどで出店する計画だ。ワインをグラスに注ぐ作法なども学び、販売や接客を行うという。

プロジェクトに取り組んだ女子学生は「初春から秋まで毎月、山梨県のブドウ畑に行って作業した。学生が心をこめて育てたブドウで作ったワインです。みなさんにさわやかな味を楽しんでいただきたい」と笑顔で話していた。

広告画像

関連記事

  1. 貸し出し6000万冊を突破 浦安市立図書館 貸し出し6000万冊を突破 浦安市立図書館
  2. シェフ自慢のいちごメニューで、ひと足お先に春の予感 東京ベイ東急ホテル シェフ自慢のいちごメニューで、ひと足お先に春の予感 東京ベイ東急…
  3. 756 億円予算案など提案 前年度比6%増 16日採決 756 億円予算案など提案 前年度比6%増 16日採決
  4. 浦安商工会議所「浦安市地域応援チケット取扱店」を募集 浦安商工会議所「浦安市地域応援チケット取扱店」を募集
  5. 明るい笑顔と活気あふれる日常がここに! 「新浦安マルシェ」が再開 明るい笑顔と活気あふれる日常がここに! 「新浦安マルシェ」が再開…
  6. クリスマスシーズン幕開け 東京ディズニーリゾートの各ホテル クリスマスシーズン幕開け 東京ディズニーリゾートの各ホテル
  7. 順天堂大 増改築 順天堂大、増改築 9階建3号館 29年夏開院
  8. 9月議会 補正予算など16議案可決 9月議会 補正予算など16議案可決

新着記事

  1. ルイ・アームストロングの解説書を出版 浦安在住ジャズ奏者、外山夫妻が共著
  2. 貸し出し6000万冊を突破 浦安市立図書館
  3. ブリオベッカ浦安 日立に競り勝ってリーグ内1位返り咲き
  4. うらじょグルメ(25) 体にやさしい大豆料理が一押し 朝から心のエネルギーもチャージ 「ナカセンナリ豆花(トウファ)」
  5. おはよう体操で心身をリフレッシュ 週4回、市運動公園で開催

佐野産婦人科医院
メディケア浦安/田所医院
株式会社富士屋商事
市民の新聞「うらやす情報」
田中屋海苔店

嘉永四年江戸時代創業の老舗質屋
江戸前佃煮 株式会社西金
今なお世界には、安全な水が供給されずに死んでいく子供たちが年間100万人以上います。あなたの力を貸してください…

PAGE TOP