文化

浦安小さな旅(1) 「原風景を巡る」

 私たちが暮らす浦安を歩いてみよう。小さな発見があるかもしれない。第1回は、「原風景を巡る」。風薫る5月、漁師町、浦安の風情が色濃く残る猫実、堀江を探訪した。

「蒸気河岸」
浦安町役場跡

 旧江戸川がとうとうと流れる。係留された船宿の釣り船が明るい陽光を浴びていた。電車が轟音を響かせ、鉄橋を走って行く。この界隈には昔、定期船(蒸気船)の発着所があり、「蒸気河岸」と呼ばれていた。定期船は東京―浦安―行徳を結び、東京方面へ行商に出かける人々も利用していたという。

 昭和初期、浦安で暮らした作家、山本周五郎は名作「青べか物語」で活気に満ちた「蒸気河岸」の情景を生き生きと描いている。昭和15年、浦安橋が開通した。定期船を利用する人は減り、やがて廃止となった。今は、釣り人らが行き交い、多くの市民が散歩やジョギングを楽しんでいる。

 境川に沿って歩いていく。ほとりに緑地があった。浦安町役場跡地だ。明治時代、堀江、猫実、当代島の3村が合併して浦安村が誕生。その後、浦安町となった。役場は和洋折せっ衷ちゅうのモダンな建物で、浦安の自慢のひとつだったそうだ。

 昭和49年、庁舎が猫実1丁目に移転するまで、この地が行政の中心地だった。往時は、松の大木が翼を広げたように枝を境川に伸ばし、浦安のシンボル的な名木と称えられたという。だが、枯れて、姿を消した。惜しい。

清瀧神社

 清瀧神社の境内には大木がそびえ立ち、新緑が美しい。老若男女が次々に参拝に訪れる。若い母親は「赤ちゃんが健やかに育ちますように」と願ったという。

 本殿は江戸時代に建て替えられた。ケヤキの大木で建築された。精巧華麗な彫刻が施されている。龍や浦島太郎の浮き彫りが見事だ。境内には堀江水準標石が今も残る。明治時代、江戸川や利根川の水位の基準点として設置されたという。

 おや、「ゴーン」という鐘の音が響いてきた。どこで鐘をついているのだろうか。

 大蓮寺の「時の鐘」だった。副住職の江口直定さんが「午前11時に、11回、鐘をつきます。昔は、漁や農作業をしている人たちに時刻を知らせていたのです」と説明する。

 鐘楼の鐘は戦時中、金属供出によって献納された。戦後、多くの檀家が基金を積み立てて再鋳し、時の鐘がよみがえった。いい話ではないか。江口さんは「大晦日には多くの人が列をなし、除夜の鐘をつきます」とにこやかに話した。

 さて、昼時だ。フラワー通りの老舗そば処「天哲」ののれんをくぐる。家族で営んでおり、あたたかい雰囲気だ。熱々の海老の天ぷらにかぶりつく。ぷりぷりしている。おいしい。そばをたぐる。うまい。

 昼食後、旧江戸川の堤防を東京湾に向かって歩いて行った。堀江ドックが見えてきた。多くの船が係留されている。二人の男性が腰かけて釣り談義。穏やかな情景だ。

 さらに足を伸ばす。清瀧弁財天に到着した。創建のいわれが興味深い。

 明治時代、1匹の白蛇が松の根元にある穴に入っていくのを住民が目撃した。驚いた住民が行者に伺いをたてると「白蛇は弁財天の使い」と告げられた。そこで祠し 堂どうを建てたという。往時は霊験が知れ渡り、参詣人でにぎわったと伝えられる。境内に清らかな池がある。亀が気持ちよさそうに泳いでいた。

 小さな旅の最後に出発地点の猫実にもどった。りっぱな看板が掲げられた「西金」で佃煮を買った。詰め合わせとアナゴ。心地よい一日だった。さて、今夜は自宅でいっぱいやるとするか。

関連記事

  1. 東京ディズニーリゾート 「ニューイヤーズ・グリー ティング」を開催 東京ディズニーリゾート 「ニューイヤーズ・グリー ティング」を開…
  2. 浦安点描:バブルサッカーを楽しむ 浦安点描:バブルサッカーを楽しむ
  3. 明海大学生と小中学生が 宿題やゲームで交流 明海大学生と小中学生が 宿題やゲームで交流
  4. 東京ディズニーリゾート 「ドリーミング・アップ!」特別バージョン 3月25日まで開催 東京ディズニーリゾート 「ドリーミング・アップ!」特別バージョン…
  5. 浦安小さな旅(2) 「境川を踏破する」 浦安小さな旅(2) 「境川を踏破する」
  6. 浦安三社祭 大賑わい 浦安三社祭 大賑わい
  7. 半世紀ぶりに蘇る児童木版画 半世紀ぶりに蘇る児童木版画 郷土博物館で12月6日まで開催
  8. 14日に浦安囃子保存会 里神楽の上演会 14日に浦安囃子保存会 里神楽の上演会

新着記事

  1. 薗浦健太郎氏インタビュー ディズニーランド再開を良い転換期に
  2. ディズニーランド ディズニーシー営業再開 入園は半分以下に制限
  3. 国道357号(東京湾岸道路) 舞浜立体が開通
  4. 羽田空港と都心結ぶ新路線 舞浜駅直通の構想も
  5. 台風やゲリラ豪雨から身を守る 『待避所』を開設
 
PAGE TOP