日本国の未来は(1) 働き方改革 富士屋商事社長 志田 健司

 日本国の未来は、働き方改革を政府が推進してから、どうなったでしょうか?

志田 健司

 企業によっても違いますが、定時で終了!では、残った仕事が間違いなくあるはずです。それを補うために人を雇うことで、逆に人材難になっています。公立学校の先生の場合、定時にタイムカードを押して、サービス残業をしているのが実態で、クラブ活動さえ危ぶまれている状況です。

 先日の札幌の児童相談所の事件も、警察から同行要請があったにも関わらず、人手不足を理由に断り犠牲者を出したりしています。政府はゆとり教育の失敗を認めていま すが、働き方改革とその世代が連動して、何かまた失敗を起こさなければ良いなと感じています。

 人間、平等に扱ってもらうのは国からで、そもそも競争社会を子供のうちになくすこと自体が、今の働き方改革に繋がってきているのではないでしょうか? 戦後復興を支えてきた団塊世代の方に、日本を成長させて頂きました。これは国民性がもたらした成果であり、いきなり欧米風、北欧風をまねしてもいかがなものでしょうか?

 この改革を改良しないと、優秀な人材は外国企業にとられ、中小企業は間違いなく経営難になります。イチローも王貞治さんも、成功者はすべて頭を使い、競争して、努力を惜しまないからこそ、素晴らしい成功者になっているのではないでしょうか?

 いっぺんにするのではなく、まずは社会保障制度をしっかりしたものにして、働き方改革は、他国の真似事ではなく、日本国風のものに見直したいものです。

関連記事

  1. うらやすの人(30): 中学総体女子柔道 52キロ級で優勝 藤城 心さん(15) 16人に補助金支給 東京五輪 ・ パラ選手育成
  2. 来夏の「三社祭」スタートイベント 来夏の「三社祭」スタートイベント
  3. Dr.竜の「診察ノート」 Dr.竜の「診察ノー卜」第36話: 入れ墨は肝炎や種々の感染…
  4. 浦安高校が明海大学と連携協定締結 浦安高校が明海大学と連携協定締結
  5. 柔道・全日本選手権優勝 ウルフ・アロン選手が表敬訪問 柔道・全日本選手権優勝 ウルフ・アロン選手が表敬訪問
  6. 振込詐欺防止 次々に成果 80代女性1千万円引出し防ぐ 振込詐欺防止 次々に成果 80代女性1千万円引出し防ぐ
  7. いかだでG O! 20日に三番瀬、親子がペットボトル製で挑戦 いかだでG O! 20日に三番瀬、親子がペットボトル製で挑戦
  8. 市の全施設をLED照明に 40億円かけ10余年で 市の全施設をLED照明に 40億円かけ10余年で

新着記事

  1. 編集後記
  2. 小学生にタグラグビー NZラグビーコーチが指導
  3. 浦安市墓地公園 複合霊堂が完成 8月1日より使用
  4. 街頭パフォーマンスライセンス 制度スタート
 
PAGE TOP