病院、介護・保育を提供 東野複合施設完成

 浦安市東野3丁目に民間3者が建設していた病院、高齢者住宅や介護・保育などを一体提供する複合施設が完成し、3月28日、関係者や内田悦嗣市長が出席し竣工式が行われた。

東野複合施設

オープンした複合施設(ASMACI浦安=右)と浦安中央病院

 これらの施設は平成28年12月、医療法人社団やしの木会浦安中央病院、京葉銀行、ミサワホームの民間3者が東野地区に計画した病院などを併設した複合施設(ASMACI浦安)について市が連携協定を結んで建設が始まった。

 複合施設の内容は次の通り。
 富岡から5月1日移転する浦安中央病院(鉄筋コンクリート5階建て、延床面積2768m2、ベッド数72床)は5月7日から診療を始める予定になっている。
 病院に隣接してミサワホームが高齢者住宅や介護・保育を一体提供する複合施設(鉄筋同6階、延床面積2920m2)を建設。
 1階に富岡地域包括支援センター東野支所が4月2日オープン。舞浜、東野、弁天、富岡を担当し、土、日、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)を除き、9時~17時に窓口を開設。2階は保育園やコンビニ、薬局など。3 ~ 6階はシニアや共働き向け住宅。


関連記事

 

アーカイブ

ページ上部へ戻る