社会貢献

うらやすの人(34): ボランティア弁当作り 40年 飯嶋町子さん(79)

喜んでくれる人がいるのが張り合い

 浦安市総合福祉センター2階の調理室。毎週木曜日の朝8時半、白いかっぽう着、白のキャップにマスクの女性たちが集まって来る。一人暮らしの高齢者や高齢者世帯などに、手作りの弁当を届けている「おべんとうボランティアグループ」(和田泰恵代表)の人たちだ。
 その中の一人、今川の飯嶋さん。この活動を黙々と続けて実に40年。「休んだ記憶はほとんどない」という記録の持ち主だ。

「人に役立つことができてうれしい」と話す飯嶋さん

 この活動を始めたのは、ご主人の仕事の都合で浦安に転居したのがきっかけ。元々は看護師だった。
 「仕事を終えると時間が余って、何かしたい、人に役立つことをしたいと思うようになり、当時の町役場に電話。紹介されたのがボランティアでの弁当作りでした」
 小人数のグループでそれに参加。いまグループは41人で、飯嶋さんは “最古参”。
 弁当を作る調理班、弁当を包む紙に季節感あふれる絵を描くお絵かき班、弁当を高齢者宅に届ける配達班の3班に分かれて活動している。参加するのは月2回が原則、人手が足りないときはしばしば手伝いに出る人もいる。

 調理は3時間立ちっぱなし。「でも苦になりません。仕事に張り合いがあるからで、グループの皆さんと楽しくできることも大きいですね」
 一番気を付けていることは、当然ながら衛生面と強調する。手を洗い、消毒する。服装も大事。ご飯、煮物は必ず冷ましてからパックする。
 「味も大切。きんぴらにごま油をひとたらしすることで味がよくなります。これは父が調理師でしたから教わったのですが…。弁当の材料は旬のものを中心に、冷凍ものは使いません。献立はグループの人が考え、時間をかけてていねいに調理します。これが私たちのこだわりです」
 グループで長年、活動を共にしてきた今泉美地子さん(82)は、「あまり多くはしゃべる人ではありませんが、あたたかくて頼りになります」。

 材料費は社会福祉協議会の支援があるが、ボランティアには手当は出ない。
 「お弁当を受け取る人の中には、道に出て待ってくれている人もいます。地道な活動ですが、喜んでくれる人がいるのがなにより。これが私たちの喜びでもあり、これからも続けていける原動力です」

広告画像

関連記事

  1. 明海小6年生5人が手製マスク 100枚を老人ホームにプレゼント 明海小6年生5人が手製マスク 100枚を老人ホームにプレゼント
  2. おさんぽカメラ: 少年消防団員が ロープ結索訓練 おさんぽカメラ: 少年消防団員が ロープ結索訓練
  3. オンラインで合唱レッスン指導 市内在住の合唱指揮者 柳嶋耕太さん オンラインで合唱レッスン指導 市内在住の合唱指揮者 柳嶋耕太さん…
  4. 「目指すのは街の安全だ」浦安防災 「目指すのは街の安全だ」 浦安防災
  5. うらやすの人(32): 「浦安オールディーズバンド」 うらやすの人(32): 「浦安オールディーズバンド」
  6. 北交渉、「制裁維持」で拉致解決に実効ある対話 薗浦首相補佐官に聞く 北交渉、「制裁維持」で拉致解決に実効ある対話 薗浦首相補佐官に聞…
  7. うらやすの人(28): リオ五輪7人制女子ラグビー代表 冨田真紀子さん うらやすの人(28): リオ五輪7人制女子ラグビー代表 冨田真紀…
  8. うらやすの人(55) 浦安市消防団 団長 大川三敏さん(56) うらやすの人(55) 浦安市消防団 団長 大川三敏さん(56)…

新着記事

  1. Dr.竜の「診察ノー卜」
  2. Dr.竜の「診察ノー卜」
  3. ディズニーリゾートにトンネル道路完成 駐車場から外周道路への退出専用
  4. ブリオベッカ浦安 4月29日前期第4節 3点奪取し快勝 4連勝でリーグ首位
  5. うらじょグルメ(23) 自慢のパエリアをぜひ!テイクアウトメニューも豊富 スペインレストラン ラ・ピカーダ・デ・トレス

ダイニチグループ
ベアビル株式会社
株式会社ウラタ
佐野産婦人科医院
メディケア浦安/田所医院
株式会社富士屋商事
市民の新聞「うらやす情報」
株式会社浦安防災
田中屋海苔店

嘉永四年江戸時代創業の老舗質屋
江戸前佃煮 株式会社西金
今なお世界には、安全な水が供給されずに死んでいく子供たちが年間100万人以上います。あなたの力を貸してください…

PAGE TOP