防犯・安全・法律

弁護士 京介 「家庭の法学」(79) 面会交流の間接強制

 こんにちは。弁護士の矢野京介です。今回は「面会交流の間接強制」についてお話しいたします。

矢野京介
矢野京介

 間接強制とは、強制執行手続きの一種です。義務を履行しない義務者に対して金銭の支払いを課すことを決定することで心理的に圧迫し、義務の履行を促す手続きです。

 子どものいるご夫婦が離婚する場合、親権を取得できなかった親が離婚後に子供と交流することを面会交流といい、調停離婚などでは、この面会交流の条件についても定めるケースが多いです。

 だが、離婚時に面会交流の条件や方法を定めたにもかかわらず、離婚後に監護親から面会交流を拒絶されることがあります。面会交流の場合、無理矢理子供を連れだして面会を強行するといった直接強制は現実的ではありません。そのため、監護親が面会交流の実現に協力してくれない場合には、間接強制を申し立てることで、金銭を支払わなければならないとのプレッシャーを与え、面会交流を自発的に実施してもらえるよう促すのです。

 間接強制を行うためには、面会交流の内容について、調停や審判で取り決めることが必要になります。調停調書や審判書といったものが、間接強制を申し立てにあたって必要な「債務名義」になるからです。口約束や合意書等の作成のみで離婚した場合はもちろん、公正証書を作成していても面会交流の間接強制を申し立てるための「債務名義」にはなりません。間接強制を申し立てるには、まず面会交流調停を行う必要があります。

 離婚後、お子様との面会交流を希望される方は、離婚時の取り決め方がとても大切です。面会交流でお悩みの方は、一人で解決しようとせず、一度専門家に相談されることをお勧めいたします。

葛西臨海ドリーム法律事務所

広告画像

関連記事

  1. 弁護士 京介 「家庭の法学」 弁護士 京介 「家庭の法学」(82) 性格の不一致で離婚はでき…
  2. 弁護士 京介 「家庭の法学」 弁護士 京介 「家庭の法学」(26) 親権者の決め方
  3. 矢野京介 弁護士 弁護士 京介 「家庭の法学」(40) 熟年離婚
  4. 矢野京介 弁護士 弁護士 京介 「家庭の法学」(54) 新型コロナウイルス 自粛期…
  5. 矢野京介 弁護士 弁護士 京介 「家庭の法学」(50) DV(家庭内暴力)
  6. 矢野京介 弁護士 弁護士 京介 「家庭の法学」(53) 円満調停とは
  7. 弁護士 京介 「家庭の法学」 弁護士 京介 「家庭の法学」(73) 成年年齢の引き下げと離婚…
  8. 弁護士 京介 「家庭の法学」 弁護士 京介 「家庭の法学」(80) モラハラが原因で離婚する…

新着記事

  1. 浦安っ子が心待ちにしていた 浦安三社例大祭復活
  2. 迫力ある取組を生で観戦 大相撲浦安場所 4/18開催
  3. ウルフ・アロン選手がパリ五輪内定 東海大浦安高出身 東京五輪金メダリスト
  4. 接戦を制し九州に7対6で競り勝つ 浦安D-ロックス
  5. 東京ディズニーシー新テーマポート ファンタジースプリングス 6月6日にいよいよ開業!

佐野産婦人科医院
メディケア浦安/田所医院
市民の新聞 うらやす情報
田中屋海苔店

江戸前佃煮 株式会社西金
どこに生まれても、生まれてきて良かったと思える社会へ! JAFS関東

PAGE TOP