文化

浦安小さな旅(7) 「猫実川周辺」

 私たちが暮らす浦安を歩いてみよう。小さな発見があるかもしれない。今回は「猫実川周辺」。上流から河口までを巡った。

心地よいせせらぎ

 東西線浦安駅から出発する。さらさらと水が流れている。腰掛けて休む女性。ラジオを聞く男性。ゆったりした時間が流れているようだ。

 猫実川の上流は二層河川となっているという。地上にせせらぎを設けた。水辺は憩いの場として活用されている。素晴らしい設計ではないか。

◇野鳥

 川を下っていく。水鳥が泳いでいる。頭を水の中に突っ込み、さかんに餌をあさっている。

 おや、遠くに白い鳥がいる。サギだろうか。近寄ってみよう。そっとカメラを構えた。気配を察したのか。白い翼を広げ、悠然と飛び去る。

 住宅地を流れる猫実川で野鳥を観察できるとは…。思いがけない収穫だ。

 川辺をいったん離れる。洗練されたデザインの街灯が並ぶ。通りは曲線を描いている。

◇見事な並木道

見事な並木道

 昼どきとなった。北栄の創作ダイニング「Oobanburumai(大盤振舞)」に入った。温玉のせ牛たたき丼をいただく。肉の旨みを噛みしめる。おいしい。店の男性がコーヒーを運んできた。「ベトナム産です。チョコレートのような香りがします」

 店名の由来についてたずねた。

 「おもてなしの最高峰が大盤振舞と思います」と笑顔で答えた。

 猫実川を下る。浦安中学校のあたりから川幅がぐっと広くなる。水路が合流し、市川市行徳方面に続く。急ぐ旅ではない。足を伸ばしてみよう。緑豊かな行徳近郊緑地が広がる。愛好家たちがカメラを構え、野鳥を撮影していた。

 浦安に戻る。県立浦安高校周辺から見事な並木道が続く。自転車に乗った市民やランナーが軽快に走って行く。海楽公園に立ち寄った。大樹がすっくと立つ。蒼天をつくかのようだ。春風に、若葉が揺れる。黄色いタンポポの花が愛らしい。

京葉線の電車が走る

 JR京葉線の鉄橋の下をくぐる。東京湾が広がる。波は静かだ。鳥の大群が編隊を組み、飛んでいく。

(写真特集へ)

広告画像

関連記事

  1. うらじょグルメ(12) カウンターで揚げたてが 味わえる天ぷら専門店  天悟(てんさと) うらじょグルメ(12) カウンターで揚げたてが 味わえる天ぷら…
  2. 新浦安駅・浦安駅前で イルミネーション点灯式 新浦安駅・浦安駅前で イルミネーション点灯式
  3. 境川クリーンアップ開催 ゴミ拾い終了後に乗船体験実施 11/17(日) 境川クリーンアップ開催 ゴミ拾い終了後に乗船体…
  4. 境川にこいのぼり 2年ぶりに300匹泳ぐ 境川にこいのぼり 2年ぶりに300匹泳ぐ
  5. 宴会場「華厳の間」が 多目的イベントスペースに シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル 宴会場「華厳の間」が 多目的イベントスペースに シェラトン・グラ…
  6. 人情豊かな魚市場のドキュメンタリー映画 3月末に閉場映像として記録を 人情豊かな魚市場のドキュメンタリー映画 3月末に閉場映像として記…
  7. 第2回オカリナ・コンサート 2/24(日) 午後2時 浦安音楽ホールで開催 第2回オカリナ・コンサート 2/24(日) 午後2時 浦安音楽ホ…
  8. 買い物客で賑わう うらやす百縁商店街 買い物客で賑わう うらやす百縁商店街

新着記事

  1. ウルフ・アロンが内田市長を表敬訪問 3年後のパリを目指す
  2. 東京パラリンピック競泳・鈴木孝幸選手「金1」「銀2」「銅2」のメダルラッシュ!前大会の雪辱を果たす
  3. 鈴木選手、創意工夫を重ねて進化し続ける「ないものを嘆くな。あるものを生かせ」
  4. 壁も境界もなく夢にまい進 IPCとアスリートの架け橋になりたい
  5. 東京パラ・車いすラグビー 池崎大輔 熱量MAXで「銅」2大会連続のメダル獲得

ダイニチグループ
ベアビル株式会社
株式会社ウラタ
株式会社富士屋商事
佐野産婦人科医院
メディケア浦安/田所医院
市民の新聞「うらやす情報」
田中屋海苔店

嘉永四年江戸時代創業の老舗質屋
江戸前佃煮 株式会社西金
今なお世界には、安全な水が供給されずに死んでいく子供たちが年間100万人以上います。あなたの力を貸してください…

PAGE TOP