文化

浦安小さな旅(7) 「猫実川周辺」

 私たちが暮らす浦安を歩いてみよう。小さな発見があるかもしれない。今回は「猫実川周辺」。上流から河口までを巡った。

心地よいせせらぎ

 東西線浦安駅から出発する。さらさらと水が流れている。腰掛けて休む女性。ラジオを聞く男性。ゆったりした時間が流れているようだ。

 猫実川の上流は二層河川となっているという。地上にせせらぎを設けた。水辺は憩いの場として活用されている。素晴らしい設計ではないか。

◇野鳥

 川を下っていく。水鳥が泳いでいる。頭を水の中に突っ込み、さかんに餌をあさっている。

 おや、遠くに白い鳥がいる。サギだろうか。近寄ってみよう。そっとカメラを構えた。気配を察したのか。白い翼を広げ、悠然と飛び去る。

 住宅地を流れる猫実川で野鳥を観察できるとは…。思いがけない収穫だ。

 川辺をいったん離れる。洗練されたデザインの街灯が並ぶ。通りは曲線を描いている。

◇見事な並木道

見事な並木道

 昼どきとなった。北栄の創作ダイニング「Oobanburumai(大盤振舞)」に入った。温玉のせ牛たたき丼をいただく。肉の旨みを噛みしめる。おいしい。店の男性がコーヒーを運んできた。「ベトナム産です。チョコレートのような香りがします」

 店名の由来についてたずねた。

 「おもてなしの最高峰が大盤振舞と思います」と笑顔で答えた。

 猫実川を下る。浦安中学校のあたりから川幅がぐっと広くなる。水路が合流し、市川市行徳方面に続く。急ぐ旅ではない。足を伸ばしてみよう。緑豊かな行徳近郊緑地が広がる。愛好家たちがカメラを構え、野鳥を撮影していた。

 浦安に戻る。県立浦安高校周辺から見事な並木道が続く。自転車に乗った市民やランナーが軽快に走って行く。海楽公園に立ち寄った。大樹がすっくと立つ。蒼天をつくかのようだ。春風に、若葉が揺れる。黄色いタンポポの花が愛らしい。

京葉線の電車が走る

 JR京葉線の鉄橋の下をくぐる。東京湾が広がる。波は静かだ。鳥の大群が編隊を組み、飛んでいく。

(写真特集へ)

広告画像

関連記事

  1. うらやすの人(64) 大蓮寺 江口隆定 住職 歴史と伝統引き継ぎ、次世代に継承を 「地域社会に根差していきたい」 うらやすの人(64) 大蓮寺 江口隆定 住職 歴史と伝統引き継…
  2. 高校生合同作品展 ダイナミックな大作や繊細な作品展示 高校生合同作品展 ダイナミックな大作や繊細な作品展示
  3. アフリカの子供に楽器寄贈 NPO団体が市校長会に協力要請
  4. 中央公民館 リニューアル 中央公民館 リニューアル
  5. 第43回菊花展 208点が出展 第43回菊花展 208点が出展
  6. 境川にこいのぼり300匹泳ぐ 境川にこいのぼり300匹泳ぐ
  7. 清瀧神社 「施設整備」の協力呼びかけ 清瀧神社「施設整備」の協力呼びかけ
  8. バレンタイン限定ショップがお目見え! イクスピアリ バレンタイン限定ショップがお目見え! イクスピアリ

新着記事

  1. 心待ちにしていた浦安三社例大祭復活
  2. 三社例大祭 ハイライト
  3. 浦安三社例大祭8年ぶりに開催浦安っ子の心意気示す
  4. 東京ディズニーシー、新エリア「ファンタジースプリングス」開業
  5. ウルフ・アロンさん パリ五輪への意気込みを語る

浦安ふじみクリニック
さくら保育園
市民の新聞 うらやす情報
田中屋海苔店

江戸前佃煮 株式会社西金
どこに生まれても、生まれてきて良かったと思える社会へ! JAFS関東

PAGE TOP