うらやすの人(39): 浦安ドキュメンタリーオフィス代表 中山和郎さん(47)

地域のつながりを大事に
将来の夢はミニシアター

 中山さんは広島生まれで大阪育ち。横浜の大学で経済を学び、勤めたアジア経済研究所がジェトロに統合、サラリーマン生活を約15年。会社が幕張に移転、結婚を機に浦安市へ。
 1990年代のミニシアターブームもあり、学生時代から映画好き。大手配給会社が扱わない社会派作品に関心があった、という。「自分でやれることがないかを模索。映画学校に通って」7年前に退社。1人でドキュメンタリー映画の配給宣伝の仕事を始めた。

 中山和郎さん

地域のつながりを大事に、将来の夢はミニシアター開設と話す中山さん

 「都内で上映会をやった経験から、もっと一般市民に現代社会を映し出したドキュメンタリー映画を見てもらいたい」気持ちからだった。一方で前職を続けていた2006年に浦安ドキュメンタリーオフィスという市民上映団体を立ち上げ、ウエーブ101などで上映会を始めた。以来、昨年暮れまでに、2日間上映の映画祭を含めて内外100を超える作品を上映。市民にも徐々に浸透している。
 とはいっても、自主上映会の運営は楽ではない。自身を含めボランティア10人で上映作品の選定や広報に知恵を絞る。

 「市民活動補助金の助成も受けて臨んだ第1回映画祭のことは忘れもしない。開催時期は2011年3月。このとき、東日本大震災が発生、市内でも大きな被害が出て、映画祭はいったん中止、6月に延期された」。この体験が地域とのつながりの大切さを教えてくれたという。

 2014年からは元町にあるお寺で夏の野外上映会も行っている。次回上映会は3月3日。今年の映画祭は6月16、17の両日、101大ホールで開催が決定。デンマークとの数か月に1回の “里帰り” をしながら、上映作品の選択を急ぐ。
 将来の夢は、浦安に映画館、それも日本で初めてのドキュメンタリー専門のミニシアターを造ること。「今年から場所探しを始めたい」と “初夢” を話してくれた。

 浦安ドキュメンタリーオフィスでは、サポーターを募集中。年会費5千円(招待券2枚付)、2千円。毎年1月から1年間(更新可)。入場料200円引き、サポーター通信郵送、上映会などの優先案内の特典。現在サポーターは約80人。


関連記事

 

アーカイブ

ページ上部へ戻る