文化

うらやすの人(39): 浦安ドキュメンタリーオフィス代表 中山和郎さん(47)

地域のつながりを大事に
将来の夢はミニシアター

 中山さんは広島生まれで大阪育ち。横浜の大学で経済を学び、勤めたアジア経済研究所がジェトロに統合、サラリーマン生活を約15年。会社が幕張に移転、結婚を機に浦安市へ。
 1990年代のミニシアターブームもあり、学生時代から映画好き。大手配給会社が扱わない社会派作品に関心があった、という。「自分でやれることがないかを模索。映画学校に通って」7年前に退社。1人でドキュメンタリー映画の配給宣伝の仕事を始めた。

 中山和郎さん

地域のつながりを大事に、将来の夢はミニシアター開設と話す中山さん

 「都内で上映会をやった経験から、もっと一般市民に現代社会を映し出したドキュメンタリー映画を見てもらいたい」気持ちからだった。一方で前職を続けていた2006年に浦安ドキュメンタリーオフィスという市民上映団体を立ち上げ、ウエーブ101などで上映会を始めた。以来、昨年暮れまでに、2日間上映の映画祭を含めて内外100を超える作品を上映。市民にも徐々に浸透している。
 とはいっても、自主上映会の運営は楽ではない。自身を含めボランティア10人で上映作品の選定や広報に知恵を絞る。

 「市民活動補助金の助成も受けて臨んだ第1回映画祭のことは忘れもしない。開催時期は2011年3月。このとき、東日本大震災が発生、市内でも大きな被害が出て、映画祭はいったん中止、6月に延期された」。この体験が地域とのつながりの大切さを教えてくれたという。

 2014年からは元町にあるお寺で夏の野外上映会も行っている。次回上映会は3月3日。今年の映画祭は6月16、17の両日、101大ホールで開催が決定。デンマークとの数か月に1回の “里帰り” をしながら、上映作品の選択を急ぐ。
 将来の夢は、浦安に映画館、それも日本で初めてのドキュメンタリー専門のミニシアターを造ること。「今年から場所探しを始めたい」と “初夢” を話してくれた。

 浦安ドキュメンタリーオフィスでは、サポーターを募集中。年会費5千円(招待券2枚付)、2千円。毎年1月から1年間(更新可)。入場料200円引き、サポーター通信郵送、上映会などの優先案内の特典。現在サポーターは約80人。

広告画像

関連記事

  1. 薗浦健太郎氏インタビュー 安倍内閣における外交戦略とは 薗浦健太郎氏インタビュー 安倍内閣における外交戦略とは
  2. J:COM 浦安 音楽ホール 条件付きで 窓口業務が再開 J:COM 浦安 音楽ホール 条件付きで 窓口業務が再開
  3. 全国学校給食週間 給食に「べか焼きそば」 全国学校給食週間 給食に「べか焼きそば」
  4. うらじょグルメ(15) 趣向を凝らした和食が味わえる 志摩家 うらじょグルメ(15) 趣向を凝らした和食が味わえる 志摩家
  5. TDL、TDS秋のイベント 「ディズニー・ハロウィーン」開催 TDL、TDS秋のイベント 「ディズニー・ハロウィーン」開催
  6. 浦安点描:安産祈願の狛犬 浦安点描:安産祈願の狛犬
  7. 浦安市は「盆踊り大会」と「花火大会」を中止 浦安市は「盆踊り大会」と「花火大会」を中止
  8. 地域の子供達に〝場〟を提供 「スマイル♡こども食堂浦安」誕生 地域の子供達に〝場〟を提供 「スマイル♡こども食堂浦安」誕生

新着記事

  1. 「浦安の漁撈用具3」刊行 浦安市博物館
  2. 新型コロナウイルス対策ステッカーを発行 市内飲食店・店舗・事務所が対象
  3. 2人から乗船可能 屋形船の定期運行を開始
  4. うらじょグルメ(15) 趣向を凝らした和食が味わえる 志摩家
  5. うらやすの人(56) 浦安市ゴルフ協会会員 深澤一三さん(71)

ダイニチグループ
ベアビル株式会社
株式会社 富士屋商事
メディケア浦安/田所医院

今なお世界には、安全な水が供給されずに死んでいく子供たちが年間100万人以上います。あなたの力を貸してください…
嘉永四年江戸時代創業の老舗質屋
江戸前佃煮 株式会社西金

PAGE TOP