防犯・安全・法律

弁護士 京介 「家庭の法学」(44) 離婚を切り出す前に考えるべきこと

 こんにちは。弁護士の矢野京介です。今回は、離婚を切り出す前の準備についてお話ししたいと思います。後悔しない離婚のために、離婚を相手に切り出す前に、離婚後の生活設計について考えておきましょう。

矢野弁護士
矢野京介

 まず、離婚の話が具体的になってきた場合、離婚の際、分与する共有財産がいったいどのくらいあるかが問題になります。そのため、家庭全体の預貯金や保険はもちろんのこと、自宅が持ち家である場合、売却額や住宅ローンの残額なども把握しておくことが大切です。また、それらの資料についてはコピーや画像で取っておくと良いです。

 次に、財産分与や養育費、慰謝料等を支払ってもらうことができたとしても、短期的には問題ないかもしれませんが、長期的には十分とは言えません。就職先は早めに探し始めるべきでしょう。

 就職先が決まったら、離婚後の住まいを確保しましょう。実家などに身を寄せることができる方は問題ありませんが、そうでなければ賃貸住宅を探さなくてはなりません。公営住宅であれば収入に応じて家賃が決まるため、離婚直後で生活が苦しい場合にはかなり家賃が安くすみます。だが、公営住宅は抽選の応募時期が決まっている等タイミングが合わないと入れない可能性がありますので、時間をかけ計画的に進める必要があります。

 上記以外にも、お子様がいる場合、相手が浮気をしている可能性がある場合や、熟年離婚の場合等、それぞれの状況によって考えておくべきことは様々です。どのように必要な情報や資料を集めたらよいのかは、一般的には馴染みのないことだと思います。そのため、離婚をお考えの方は、一度専門家に相談されアドバイスを受けることをお勧めいたします。

葛西臨海ドリーム法律事務所

関連記事

  1. 市民の安全、最優先 新浦安署長が強調 市民の安全、最優先 新浦安署長が強調
  2. 市が犯罪捜査にドライブレコーダーの映像提供 市が犯罪捜査にドライブレコーダーの映像提供
  3. 弁護士 京介 「家庭の法学」 弁護士 京介 「家庭の法学」(25) 財産分与不動産
  4. 弁護士 京介 「家庭の法学」 弁護士 京介 「家庭の法学」(31) 離婚調停申立ての管轄家裁
  5. 弁護士 京介 「家庭の法学」 弁護士 京介 「家庭の法学」(5)  中高年の離婚
  6. 弁護士 京介 「家庭の法学」 弁護士 京介 「家庭の法学」(14) 遺言書
  7. 弁護士 京介 「家庭の法学」 弁護士 京介 「家庭の法学」(13) 相続の流れ
  8. 弁護士 京介 「家庭の法学」 弁護士 京介 「家庭の法学」(1)  不貞行為〈1〉

新着記事

  1. ミッキーとミニーがハッピーニューイヤー
  2. 令和2年の正月
  3. 矢野京介 弁護士
  4. 富士屋商事社長 志田 健司
  5. スキー教室 参加者募集
 
PAGE TOP