教育

『新版 新しい世界史の授業』発刊 小橋正敏先生も執筆

 『新版 新しい世界史の授業』―生徒とともに深める歴史学習―が6月に発刊された。これは1992年に発刊された『新しい日本史の授業』『新しい世界史の授業』の新版として刊行されたものだ。

小橋正敏教諭

 学館浦安高教諭で、県高校教育研究会歴史部会に属している小橋正敏教諭も関わって、一章目に「サッカーから見る世界史―世界史の扉・日常生活に見る世界史」を執筆 している。

 小橋教諭は、学館浦安高に着任早々、サッカー部の顧問を担当していた。その縁で生徒たちに身近なサッカーという題材から世界史を学びながら、現代社会とサッカーとの関わりについて考える内容になっている。

 学習指導要領に従って教育課程も変わるので、文科省通達で10年に1回見直しして改訂版を出しているが、今回は9回目になる。  世の中の変化に伴って改訂版が出されているが、最近では「AI」の登場で大きく改訂された。  また、将来、授業は英語で行われる方向で、都立高校では既に実験的に英語で授業が行われている。山川出版社・英語版は8月末に刊行予定。

新版 新しい世界史の授業
新版 新しい世界史の授業

関連記事

  1. 入船小が校歌・校章を募集 入船小が校歌・校章を募集
  2. クリスマスコンサートで美声披露目指し ボイストレーニングスタート クリスマスコンサートで美声披露目指し ボイストレーニングスタート…
  3. 30分遅れのノーヒットノーラン 学館浦安・黒田投手 高校野球2016 30分遅れのノーヒットノーラン 学館浦安・黒田…
  4. 『オペラかぐや姫』稽古が大詰め 『オペラかぐや姫』稽古が大詰め
  5. 豊かな老後と争わない相続 今泉 浩一 なぜ不動産でお金持ちになる人が多いのか? その4(Vol.32)…
  6. 市民の目線、立場で 新浦安署長 吉田氏が抱負 市民の目線、立場で 新浦安署長 吉田氏が抱負
  7. 弁護士 京介 「家庭の法学」 弁護士 京介 「家庭の法学」(25) 財産分与不動産
  8. 2020年 東京パラ アーチェリー日本代表候補 総合公園で強化合宿 2020年 東京パラ アーチェリー日本代表候補 総合公園で強化合…

新着記事

  1. 編集後記
  2. 大塚・浦安高校野球部監督が定年に
  3. 東京五輪・パラリンピック フランスカヌー・カヤック協会とキャンプ実施に関する覚書を締結
  4. 順天堂かゆみ研究センター開設 アジア初 患者のQOL向上目指す
  5. 東京ディズニーリゾート・オフィシャルホテル 「サンルートプラザ東京」が、10月から「東京ベイ舞浜ホテル ファーストリゾート」に
 
PAGE TOP