防犯・安全・法律

弁護士 京介 「家庭の法学」(32) 婚約破棄の慰謝料

 こんにちは。弁護士の矢野京介です。今回のテーマは、「婚約破棄の慰謝料請求」です。
 せっかく婚約したのに、突然相手から結婚をやめると言われてしまった場合、精神的なダメージが大きいうえに、式場のキャンセル料等が発生することも考えられます。そのような場合、そもそも慰謝料請求は可能なのか、また、可能である場合、慰謝料請求の相場はどれくらいなのでしょうか。

矢野弁護士

矢野京介

 まず、第一に婚約をしていた事実がなければ、婚約破棄とは言えません。婚約していた事実として認められるためには(1)婚約指輪を貰った (2)新居を契約した (3)結婚式場の予約をした (3)職場を寿退社した (3)両家の顔合わせをした―などが挙げられます。その上で、精神的苦痛を被っている場合には、その精神的苦痛に対し、慰謝料請求をしていくことになります。

 そして、話し合いをしてみて、話し合いがまとまらない場合には、裁判で請求をすることになります。裁判で慰謝料請求する場合には時効があり、婚約破棄された日から3年以内となっているので注意が必要です。婚約破棄の慰謝料の相場は、個々の状況によって異なりますが、これまでの裁判例をみると30万円から200万円の間で認められているものが多いようです。
 慰謝料の額は、精神的な損害が大きいほど大きくなりますので (1)妊娠あるいは出産している (2)婚約を機に仕事を退職した (3)破棄の理由が不貞や暴力である―等の場合には慰謝料の金額も大きくなる傾向にあるようです。

 以上のように、婚約破棄は慰謝料請求ができる可能性もありますので、婚約破棄されたという場合には、一度専門家に相談されることをお勧めします。

葛西臨海ドリーム法律事務所

関連記事

  1. 弁護士 京介 「家庭の法学」 弁護士 京介 「家庭の法学」(17) 遺 留 分
  2. 弁護士 京介 「家庭の法学」 弁護士 京介 「家庭の法学」(26) 親権者の決め方
  3. 弁護士 京介 「家庭の法学」 弁護士 京介 「家庭の法学」(16) 海外在住者の相続問題
  4. 地上40メートルの救出実らず 地上40メートルの救出実らず
  5. 弁護士 京介 「家庭の法学」 弁護士 京介 「家庭の法学」(28) パートナーシップ証明書
  6. 弁護士 京介 「家庭の法学」 弁護士 京介 「家庭の法学」(4)  相続放棄
  7. 弁護士 京介 「家庭の法学」 弁護士 京介 「家庭の法学」(29) 離婚協議書と公正証書
  8. 弁護士 京介 「家庭の法学」 弁護士 京介 「家庭の法学」(5)  中高年の離婚

新着記事

  1. 18年連続でディズニーランド内「ショーベース」で開催 うらやす成人式
  2. サンルートプラザ東京は「東京ベイ舞浜ホテルファーストリゾート」に生まれ変わる
  3. 東京ディズニーリゾート 「ドリーミング・アップ!」特別バージョン 3月25日まで開催
  4. シネマ&ミニコンサート開催 伝説の名作映画「別れの曲」を上映 3月18日、浦安音楽ホール
  5. 浦安市議会 議決すべき事件を定める条例可決
 
PAGE TOP