教育

聞こえのサポーター講座始まる 難聴者とのコミュニケーションに筆談を

聞こえのサポーター講座始まる

 「聞こえのサポーター(筆談)講座」(全4回)が11月6日から、浦安市総合福祉センター(東野)で始まった。受講者たちは加齢などで中途失聴や難聴となった人とのコミュニケーションとして筆談を学んでいる。

 講師はNPO法人の千葉県中途失聴者・難聴者協会と全国要約筆記問題研究会千葉支部が担当している。
 講座は第1回が健聴講師と難聴講師が講座の目的、必要性、サポーターの役割、聞こえの仕組み、難聴の程度と特徴、生活の中で困ることなどを説明。
 第2回は中途失聴者と難聴者が聞こえなくなったときの驚きや苦しみ、その後の生活などの体験を語る。また、どのようなサポート方法があるかなどを話し合う。
 第3回は筆談に使う紙、ボード、ペンなどを説明。読みやすい位置と書き方、傾聴の大切さなど筆談の基本を理解する。
 第4回は身近な支援制度を説明。難聴スタッフの協力を得て、グループに分かれて筆談する。

 浦安市社会福祉協議会の担当者は「年1回のペースで講座を開催している。幅広く理解を深めていただきたい。筆談は日常生活や家族との対話にも活用できます」と語る。
 また、千葉県中途失聴者・難聴者協会の担当者は「講座では趣味など身近なテーマで実際に筆談を体験。筆談で会話のキャッチボールをします」と説明。「電車が急停車した場合、失聴者は車内放送を理解できずに不安になる。そんなとき、筆談をいかしてほしい」と呼びかけている。
 連絡先は浦安市社会福祉協議会 でんわ355・5271。

関連記事

  1. 高齢者見守りネットワーク スタート 高齢者見守りネットワーク スタート
  2. ベイカー茉秋選手 母校で連覇を目指すと決意
  3. 日本の玄関口・浦安IC 建設業協力会が一斉清掃 日本の玄関口・浦安IC 建設業協力会が一斉清掃
  4. マーブリング模様で フォトフレーム作り マーブリング模様で フォトフレーム作り
  5. 6年連続16回目優勝 市消防団 6年連続16回目優勝 市消防団 支部ポンプ操法で
  6. 浦安市成人式 16年連続TDL開催 浦安市成人式 16年連続TDL開催
  7. 野球に卓球に学館浦安健闘 野球に卓球に学館浦安健闘
  8. 「いじめメール相談」開始 ネット時代、24時間受付 「いじめメール相談」開始 ネット時代、24時間受付

新着記事

  1. 編集後記
  2. 浦安の輝くイルミネーション 各施設でクリスマスイベント満載
  3. クリスマスコンサートで美声披露目指し ボイストレーニングスタート
  4. 日蓮宗正福寺でお会式 多彩な企画は東日本大震災がきっかけに
  5. 「トイ・ストーリー」テーマホテル 2021年にTDRに完成
 
PAGE TOP