スポーツ

うらやすの人(40): ブリオベッカ浦安の新監督 羽中田 昌 さん(53)

JFLに戻る決意秘め 車いす監督、キックオフ

 JFL(日本フットボールリーグ)に、1年で戻るという大きな使命を背負っての監督就任。日本サッカー協会の最高ライセンスを持つ、国内では珍しい車いすの監督だ。
 チームが今年から戦いの場を移すJFLから一つ下の関東リーグ1部。その「東京23フットボールクラブ」で3年監督を務め、縁あって移籍した。「同じリーグの誘いだけに戸惑いがなかったわけではないが、もう一度現場でみんなとサッカーをやりたい、やれる喜びの方が強かった」

羽中田監督

羽中田監督は東京・葛西の自宅からマイカーでやって来る

 甲府市生まれ。サッカーの名門、韮崎高校で日本選手権に3年連続、FWとして出場し、活躍。将来を嘱望されたが、高校卒業の翌年、バイクの転倒事故で車いす生活を余儀なくされた。
 山梨県庁に勤務時代の1993年、Jリーグが発足。かつての仲間が活躍する姿を目の当たりにして、「プレーはできなくても、指導者にはなれる」と、9年間勤めた県庁を退職して、スペインのバルセロナへ渡った。サッカー界では最も人気の高かったFCバルセロナの本拠地。
 「そこには憧れのプレーヤーであり、監督を務めていたヨハン・クライフがいたから。聴講生としコーチングスクールへ通い、高校の同級生だった妻と5年間、二人三脚で旅して本場のサッカーの厳しさと懐の深さを学んできました」
 帰国後、東京・暁星高サッカー部のコーチを経て、プロのサッカー選手や指導者を育成できる協会認のS級ライセンスを取得。母校などのコーチを務めた。
 「プロだから、人と違うことをやらなければいけないという思い。スペインに留学し、本場のサッカーを体感して選手に伝える。それは私の名刺代わりでもある」

 1都7県10チームの関東リーグ1部は、4月開幕する。降格でレギュラーメンバーは大幅に入れ替わり、多くのハンデを抱えながらのスタートでもある。
 ただ、プラス面も。JFLでは天然芝のグラウンドでの試合が定められていたが、地域リーグは人工芝でもOK。このため市運動公園のグラウンドが使える。ホームの試合でも県内各地を転々とした昨年までと比べれば、シーズンは長く、過酷なだけにその差は大きい。
 加えて、地域リーグの戦いを知り尽くしている新監督の就任。心強い限りだが、「今、大事なことはスタッフとメンバー、サポーターを含めてみんなが強くつながること。これから続くギリギリの戦いをどう制していくか、戦いながら成長していかないと上には上がれない」と、注文を付けた。

広告画像

関連記事

  1. 矢野京介 弁護士 弁護士 京介 「家庭の法学」(37) 内縁関係の解消・財産分与
  2. NTTコムのホームグラウンド近く完成 W杯キャンプ地に急浮上 NTTコムのホームグラウンド近く完成 W杯キャンプ地に急浮上
  3. キッズスポーツルーム オープニングセレモニー開催 キッズスポーツルーム オープニングセレモニー開催
  4. 新ユニフォームで誓い新た ブリオベッカ浦安 新ユニフォームで誓い新た ブリオベッカ浦安
  5. 松戸市中央公園で行われた「トーチキス」セレモニー 浦安市のランナーも参加 松戸市中央公園で行われた「トーチキス」セレモニー 浦安市のランナ…
  6. クリスマスコンサートで美声披露目指し ボイストレーニングスタート クリスマスコンサートで美声披露目指し ボイストレーニングスタート…
  7. 春季市民体育大会 テニス(シングルス)開催 春季市民体育大会 テニス(シングルス)開催
  8. うらやすの人(48) 郷土研究家 前田智幸さん(73) うらやすの人(48) 郷土研究家 前田智幸さん(73)

新着記事

  1. ルイ・アームストロングの解説書を出版 浦安在住ジャズ奏者、外山夫妻が共著
  2. 貸し出し6000万冊を突破 浦安市立図書館
  3. ブリオベッカ浦安 日立に競り勝ってリーグ内1位返り咲き
  4. うらじょグルメ(25) 体にやさしい大豆料理が一押し 朝から心のエネルギーもチャージ 「ナカセンナリ豆花(トウファ)」
  5. おはよう体操で心身をリフレッシュ 週4回、市運動公園で開催

佐野産婦人科医院
メディケア浦安/田所医院
株式会社富士屋商事
市民の新聞「うらやす情報」
田中屋海苔店

嘉永四年江戸時代創業の老舗質屋
江戸前佃煮 株式会社西金
今なお世界には、安全な水が供給されずに死んでいく子供たちが年間100万人以上います。あなたの力を貸してください…

PAGE TOP