文化

うらやすの人(17): 川本愛子さん「美しい音楽を浦安に」

来年2月、オペラ「かぐや姫」上演が当面の目標

 取材場所の舞浜の美術館。「よろしくお願いします」とソプラノが響くと、真っ赤なドレス姿の川本さんが現われた。
 声楽家で二期会会員。「文化会館での声楽公演が少なかった」ことから「美しい音楽を浦安に」と実行委員会を立ち上げ、2005年からリサイタル形式で年1回コンサートを開催。

川本愛子さん

お気に入りのドレス姿で当面の目標を話す川本さん

 その第1回は「川本愛子が歌う大中恩の歌曲」。これ以降、オペラから日本の歌曲、童謡、唱歌、浦安音頭…。
 5周年のガラコンサートは「蝶々夫人」から “あの桜の枝を揺すって” 、「トスカ」から “歌に生き 恋に生き”。

 東京・蔵前生まれの川本さん。7人兄妹の末っ子。父が清元をたしなむ通人で、6歳から「歌のおばさん」で知られる松田トシさんに歌とピアノを習った。
 これがきっかけで音楽の道に進み、武蔵野音大大学院声楽専攻修了。「12年間、大学で講師を務め、母にサポートされながら4人目の子供が産まれたのを機に、練習時間が欲しくて大学を辞めた」。
 15年ほど前に浦安に転居。後進の指導のかたわら前述のような音楽活動を展開。「4年前の3.11の時は10月にチャリティークラシックコンサート。翌年には團伊玖磨作曲の “夕鶴” などに挑戦」。
 10周年記念の昨年はオペレッタ喜歌劇「こうもり」を上演、喝采を浴びた。

 「美しい音楽を聴けば心豊かでなごむ」がモットーで、音楽の道に進む人が増えることを願っている。
 11回目は来年2月、オペラ「かぐや姫」を市民参加型で上演するのが当面の目標。

 体が楽器だけに「うがいをマメに、風邪は耳鼻科で早めのメンテナンスでのどを守っている」。
 新浦安にできる音楽ホールには「もちろん楽しみ。いい響きのホールは演奏家、聴衆双方に喜ばれる」と完成を心待ちにしている。

広告画像

関連記事

  1. 弁護士 京介 「家庭の法学」 弁護士 京介 「家庭の法学」(25) 財産分与不動産
  2. Uセンターそろばん教室盛況 Uセンターそろばん教室盛況 91歳講師が“現役„
  3. 60歳からのパワーに期待 デイサービススタッフ養成 60歳からのパワーに期待 デイサービススタッフ養成
  4. 園児がルー大柴さんと“世界手洗いダンス” 園児がルー大柴さんと“世界手洗いダンス” イクスピアリ
  5. 第16回うらやす パリ祭を開催 第16回うらやすパリ祭を開催
  6. うらやすの人(47) NPO法人養神館合気道龍代表 安藤毎夫さん(62) うらやすの人(47) NPO法人養神館合気道龍代表 安藤毎夫さん…
  7. 花嫁花婿を運ぶ令和最初の「嫁入り舟」境川に浮ぶ 花嫁花婿を運ぶ令和最初の「嫁入り舟」境川に浮ぶ
  8. うらやすの人(57) ブリオベッカ浦安後援会会長 浦田一哉さん(47) うらやすの人(57) ブリオベッカ浦安後援会会長 浦田一哉さん…

新着記事

  1. ルイ・アームストロングの解説書を出版 浦安在住ジャズ奏者、外山夫妻が共著
  2. 貸し出し6000万冊を突破 浦安市立図書館
  3. ブリオベッカ浦安 日立に競り勝ってリーグ内1位返り咲き
  4. うらじょグルメ(25) 体にやさしい大豆料理が一押し 朝から心のエネルギーもチャージ 「ナカセンナリ豆花(トウファ)」
  5. おはよう体操で心身をリフレッシュ 週4回、市運動公園で開催

佐野産婦人科医院
メディケア浦安/田所医院
株式会社富士屋商事
市民の新聞「うらやす情報」
田中屋海苔店

嘉永四年江戸時代創業の老舗質屋
江戸前佃煮 株式会社西金
今なお世界には、安全な水が供給されずに死んでいく子供たちが年間100万人以上います。あなたの力を貸してください…

PAGE TOP