文化

うらやすの人(15): 世界大会を浦安で開きたい

ヨーロピアンけん玉国際大会 最上位部門 優勝!
東野在住 嶋寺克彰さん

 けん玉というと、正月などにやった昔懐かしいおもちゃのイメージを思い浮かべる。いまや日本だけでなく北米やヨーロッパなどでも「クール」「かっこいい」と静かなブーム。子供たちには「練習するほどうまくなる」達成感が、またお年寄りには頭を使う全身運動として、 “生涯スポーツ” で脚光を浴びている存在。

嶋寺克彰さん

松崎市長とけん玉談義する嶋寺さん

 昨年8月、デンマークで開かれた国際大会「ヨーロピアンけん玉オープン2014」最上位部門で優勝したのが東野在住の会社員、嶋寺克彰さん(36)。記念の “特大けん玉トロフィー” などを持って11月下旬、松崎秀樹市長を訪ねて快挙を報告した。
 「おめでとうございます。お会いするのを楽しみにしていました」と祝福した松崎市長にけん玉をプレゼントすると、「ひざの動きが大切」などとさっそく実技指導。「筋がいい」とほめられた松崎市長も思わず「はまりそう」。

 この大会には日本はじめアメリカ、カナダ、イギリス、ドイツ、デンマーク、フランスなど世界18カ国から約100人の選手が参加。最上位部門は32人の強豪が「1対1」のトーナメント形式で技の精度を競い合い、3ポイントで勝ちというルール。決勝は日本人同士となったが「厳しい戦い」を乗り切って国際大会で初優勝。

 滋賀県長浜市出身の嶋寺さん。立命館大時代に全日本チャンピオンが始めたサークルに入ったのがきっかけで「毎日4~5時間練習するほど、けん玉にはまっちゃった」とか。現在は日本けん玉協会(松永義希会長)のけん玉道7段で1級指導員。
 嶋寺さんがこれからの目標を「日本と世界をけん玉でつないでいきたい。浦安でも世界大会を開きたい」と話すのを聞いた松崎市長も「ぜひ、やりましょう」と力強く支援を約束した。
     ◇
【メモ】 しまでら・かつあき 近年は米欧など、海外のけん玉選手と活発に交流。平成20年から浦安在住。現在は「Tokyo Kendama Team」代表として、けん玉振興や技術向上に努めている。

広告画像

関連記事

  1. 浦安市は青少年海外派遣事業を延期 浦安市は青少年海外派遣事業を延期
  2. うらやすの人(22): オーボエ奏者 中村大貴さん うらやすの人(22): オーボエ奏者 中村大貴さん
  3. うらやすの人(32): 「浦安オールディーズバンド」 うらやすの人(32): 「浦安オールディーズバンド」
  4. ブリオベッカ浦安 今季初勝利逃す ブリオベッカ浦安 今季初勝利逃す
  5. 浦安市自治連合会 納涼盆踊り大会 浦安盆踊り唄で踊りの輪が広がる 浦安市自治連合会 納涼盆踊り大会 浦安盆踊り唄で踊りの輪が広がる…
  6. 第17回 ふれあい広場開催 第17回 ふれあい広場開催
  7. ブリオベッカ浦安 ブリオベッカ浦安、6月は5位
  8. 「外山喜雄とデキシーセインツ」 クリスマスジャズ パーティー開催 「外山喜雄とデキシーセインツ」 クリスマスジャズ パーティー開催…

新着記事

  1. 「浦安の漁撈用具3」刊行 浦安市博物館
  2. 新型コロナウイルス対策ステッカーを発行 市内飲食店・店舗・事務所が対象
  3. 2人から乗船可能 屋形船の定期運行を開始
  4. うらじょグルメ(15) 趣向を凝らした和食が味わえる 志摩家
  5. うらやすの人(56) 浦安市ゴルフ協会会員 深澤一三さん(71)

ダイニチグループ
ベアビル株式会社
株式会社 富士屋商事
メディケア浦安/田所医院

今なお世界には、安全な水が供給されずに死んでいく子供たちが年間100万人以上います。あなたの力を貸してください…
嘉永四年江戸時代創業の老舗質屋
江戸前佃煮 株式会社西金

PAGE TOP