経済

うらじょグルメ(47) 愛らしい創作菓子がいっぱい「Pastel de Vene(パステル・デ・ベネ)」

 ひまわりをモチーフにした外観がかわいらしい「パステル・デ・ベネ」からは、いつも素敵な香りが流れてくる。

左から「旬のタルト」、「クリームプリン」、子犬をかたどった「パピーピンク」

 店主でパティシエールの鈴木美保さんは、繁忙期を除き1人でお店を切り盛りしている。接客もこなしつつ、お店の奥にある厨房で、ケーキや焼き菓子を手作りしている。店名はスペイン語で「ベネさんのスイーツ」という意味だという。

 鈴木さんは中学生の頃、ベネズエラに住んでいたことがあり、以来、「ベネさん」というあだ名なのが店名の由来だそうだ。

 人気があるという「旬のタルト」(690円)を食べてみた。タルト台はサクサクとした食感で香ばしく、甘さは控えめだ。たっぷりのフレッシュクリームとジューシーな季節のフルーツはバランスが絶妙で、さっぱりといただける。浦安を舞台にした映画にも登場した「クリームプリン」(350円)は、とろけるような柔らかさが特徴だ。

 「ナッツハグ」というクッキーは、クマさんとネコさんがペアで、ナッツを抱きしめている姿が愛らしい。他にも、うさぎやハート形のマドレーヌ、ひまわりの形のバタースポンジケーキなど、思わず「わあ、かわいい!」と声をあげたくなる焼き菓子が、種類豊富にずらりと並ぶ。

創業は2000年。さくら通りから1本入った小道にある

 これからの季節は、水を一切入れず、イチゴやブルーベリーなどのフルーツだけで作るかき氷が登場する。宝石箱のような白缶に入った「バターサンド」(1480円)もおすすめだ。ひと月10缶限定販売となっている。

 「どのお菓子も、日々のおやつとして食べてほしい、という気持ちで作っています。手土産としてご購入いただく時も、『自分のお気に入りを家族や友だちにプレゼント』みたいな感覚で利用してもらえたらうれしいです」と鈴木さんは語った。

※材料の高騰で、価格は変更になる可能性あり

浦安市堀江6ノ2ノ20ノ106
/東西線浦安駅からバスで、堀江東下車。または京葉線新浦安駅からバスで、浦安郵便局下車
/10時~20時
/月曜休
◆問い合わせ=047・380・3018

広告画像

関連記事

  1. 浦安ブライトンホテル東京ベイ 30周年記念「GO TOブライトン」キャンペーン開催中 浦安ブライトンホテル東京ベイ 30周年記念「GO TOブライトン…
  2. 浦安っ子が心待ちにしていた 浦安三社例大祭復活 浦安っ子が心待ちにしていた 浦安三社例大祭復活 伝統を継続、8年…
  3. 第7回ハピーダンス開催 第7回ハピーダンス開催
  4. 花嫁花婿を運ぶ令和最初の「嫁入り舟」境川に浮ぶ 花嫁花婿を運ぶ令和最初の「嫁入り舟」境川に浮ぶ
  5. 9月議会、補正予算など 16議案提出 9月議会、補正予算など 16議案提出
  6. 浦安市が「広報の号外」を発行 新型コロナウイルスの流行で 浦安市が「広報の号外」を発行 新型コロナウイルスの流行で
  7. 東京オリンピック スロバキア代表陸上チームと 浦安市が覚書き締結式 東京オリンピック スロバキア代表陸上チームと 浦安市が覚書き締結…
  8. 浦安商工会議所 第61回総会開催 浦安商工会議所 第61回総会開催

新着記事

  1. 浦安っ子が心待ちにしていた 浦安三社例大祭復活
  2. 迫力ある取組を生で観戦 大相撲浦安場所 4/18開催
  3. ウルフ・アロン選手がパリ五輪内定 東海大浦安高出身 東京五輪金メダリスト
  4. 接戦を制し九州に7対6で競り勝つ 浦安D-ロックス
  5. 東京ディズニーシー新テーマポート ファンタジースプリングス 6月6日にいよいよ開業!

佐野産婦人科医院
メディケア浦安/田所医院
市民の新聞 うらやす情報
田中屋海苔店

江戸前佃煮 株式会社西金
どこに生まれても、生まれてきて良かったと思える社会へ! JAFS関東

PAGE TOP