スポーツ

全国社会人サッカー選手権大会 ブリオベッカ浦安 PK戦で競り勝ち優勝

GK佐久間がスーパーセーブ

 10月14日から鹿児島県で開催された全国社会人サッカー選手権大会で、ブリオベッカ浦安は順調に勝ち進み、見事優勝を果たした。

絶好のチャンスも相手GKのナイスセーブに阻まれる

 浦安は10月19日、決勝戦でBTOPサンクくりやま(北海道)と激突。試合の立ち上がり早々、BTOPからの猛攻が続くが、浦安もこれをしのぎながら、積極的にサイドから攻撃を仕掛けた。その中、村上弘有が絶好のタイミングでシュートをするが惜しくも外れる。

 その後、お互いボールの争奪戦となり、BTOPは正確な長いパスでゴールに迫る。それに対し、浦安はサイドで展開して応戦するが、前半を0対0で終えた。

 後半も前半と同じ流れで時間が過ぎ、浦安に訪れた絶好のチャンスも、相手GKのナイスセーブに阻まれた。

 浦安は中盤で疲れが見え始めたため、武智悠人から伊川拓に代える。その後、平野貫路と飯澤良介に代えて、冨樫凌央と小泉隆斗が入った。

 BTOPはゴールが見えたら、ためらわずにシュートを打ち込んでくるが、浦安はフレッシュな3選手がどんどん前に上がりチャンスを作った。その後、浦安は上松瑛に代えて加藤大育を投入し、さらに攻撃力を高めたアディショナルタイム4分では、浦安はフリーキックを得て、最後のチャンスに賭けるが得点にならず、試合はPK戦となった。

PK戦の2 本目のボールをGKの佐久間がすばやくはじいた

 PK戦は浦安が先行。両チームとも1本目を決め、小泉が2本目を決めた後、相手の2本目を正確に読んだGKの佐久間幸一が、右下に流れ込んだボールをすばやくはじいた。両チームが3・4本目を決め、最後の5本目を藤岡優也が決めて、浦安が優勝を勝ち取った。

 その瞬間、控えの選手がベンチから飛び出し、歓喜の時が訪れた。

 浦安は日本フットボールリーグ(JFL)への昇格はあったものの、全国制覇をすることはなかった。同大会は、5日間連続で試合をするため、世界で最も過酷な大会と言われている。チーム全体の総合力が試される大会でもあり、優勝した浦安は、社会人チームで最もチーム力があるともいえる。

 都並敏史監督は、「全国の社会人チームの中で、1位になることができたことは素晴らしいこと。クラブにとっても大変名誉なことだ。大会すべての試合で全メンバーが出場して優勝できたことはとても意味がある。試合を通してメンバーの成長にも寄与したと思う。メンバーみんなとこの喜びを分かち合いたい」と語った。

広告画像

関連記事

  1. ブリオベッカ浦安 新主将に 秋葉勇志選手 ブリオベッカ浦安 新主将に 秋葉勇志選手
  2. ブリオベッカ浦安 日立に競り勝ってリーグ内1位返り咲き ブリオベッカ浦安 日立に競り勝ってリーグ内1位返り咲き
  3. ブリオベッカ浦安 6位で終了 監督を解任 ブリオベッカ
  4. 第25回 浦安オープンテニス 各部門で白熱した戦い 第25回 浦安オープンテニス 各部門で白熱した戦い
  5. 市野球場 イースタン公式6試合 秋季高校野球県予選も 市野球場 イースタン公式6試合 秋季高校野球県予選も
  6. 東京パラ・車いすラグビー池崎大輔選手 「浦安をパラスポーツの街にしてほしい」 内田市長と実現を約束 東京パラ・車いすラグビー池崎大輔選手 「浦安をパラスポーツの街に…
  7. うらやすの人(14): リオ、東京五輪を目指 うらやすの人(14): リオ、東京五輪を目指す
  8. 走り 食べ 観光! 初の浦安マラニック 4・14 走り 食べ 観光! 初の浦安マラニック 4・14

新着記事

  1. 浦安っ子が心待ちにしていた 浦安三社例大祭復活
  2. 迫力ある取組を生で観戦 大相撲浦安場所 4/18開催
  3. ウルフ・アロン選手がパリ五輪内定 東海大浦安高出身 東京五輪金メダリスト
  4. 接戦を制し九州に7対6で競り勝つ 浦安D-ロックス
  5. 東京ディズニーシー新テーマポート ファンタジースプリングス 6月6日にいよいよ開業!

佐野産婦人科医院
メディケア浦安/田所医院
市民の新聞 うらやす情報
田中屋海苔店

江戸前佃煮 株式会社西金
どこに生まれても、生まれてきて良かったと思える社会へ! JAFS関東

PAGE TOP