文化

うらやすの人(62) 市民グループ「ルフラン」代表 田中恭子さん (53) コロナに負けずオンライン人形劇を配信

幅広い世代を元気にしたい

 浦安の街を元気にする市民グループ「ルフラン」代表、田中恭子さんは取材の場所にオオカミの人形を背負って現れた。

 人形劇に登場するオオカミだ。迫力ある面構え。衣装も本格的だ。

 「メンバーは美意識が高い。細部にこだわる。どんどん工夫して、いい人形ができる。プロにも負けませんよ」と笑顔で語る。

 メンバーは8人。小学校や学童クラブ、高齢者施設などを訪問して人形劇、紙芝居、ショーなどの活動を続ける。

 また、応援ソングプロジェクトを展開。市民団体を応援する歌詞と曲、振りを制作し、提供している。

 「反応がすごくいい。手応えを感じます。子どもたちは人形が大好き。人形と握手したがるんです」

 グループの母体は高洲小学校のよみきかせボランティア。若い母親らが活動していたが、自分たちの子どもの卒業期を迎え、転機が訪れる。活動の場と幅を広げようーと、2010年にルフランを結成した。

 ルフランとはフランス語で「繰り返す」「継続」という意味。活動を継続している。

 ところが、新型コロナウイルスが日本列島を襲う。通常の活動は停止に追い込まれた。

 「観客の前で上演することはかけがえのないこと。貴重な機会ということがよくわかりました」

 ルフランはくじけない。昨年秋、人形劇をオンライン配信。視聴者参加型で好評だった。

 悩みは稽古場と人形などの保管場所の確保だ。無料、格安で提供してくれるところがあればありがたいという。 コロナ終息後を見据え、稽古を続ける。また、浦安の怪談を収集して語る会も企画中だ。

 「いろんな団体とコラボして期待に沿ったパフォーマンスを展開。幅広い世代を元気にしたい」

 東京都目黒区出身。中学校・高校・大学で演劇サークルだった。

 約20年前、浦安に転居。関心のある人物はマリー・アントワネット。趣味はジョギング。好物は生ガキ。大切にしている言葉は「自由に生きる」

広告画像

関連記事

  1. 柔道・全日本選手権優勝 ウルフ・アロン選手が表敬訪問 柔道・全日本選手権優勝 ウルフ・アロン選手が表敬訪問
  2. うらやすの人(33): 車いすテニス 日本ジュニア ランキング1位 坂口竜太郎選手(13) うらやすの人(33): 車いすテニス 日本ジュニア ランキング1…
  3. 弁護士 京介 「家庭の法学」 弁護士 京介 「家庭の法学」(26) 親権者の決め方
  4. 景観まちづくり賞 「ジ・アイルズ」を表彰 景観まちづくり賞 「ジ・アイルズ」を表彰
  5. 浦安市墓地公園 ふるさととしての心のよりどころ お盆期間中多くの市民が訪れる 浦安市墓地公園 ふるさととしての心のよりどころ お盆期間中多くの…
  6. 「見て」楽しむ ホテルを彩るクリスマスイルミネーション サンルートプラザ東京 「見て」楽しむ ホテルを彩るクリスマスイルミネーション サンルー…
  7. 2人から乗船可能 屋形船の定期運行を開始 2人から乗船可能 屋形船の定期運行を開始
  8. 日本初の女医・荻野吟子 波乱の生涯を映画化 日本初の女医・荻野吟子 波乱の生涯を映画化

新着記事

  1. 鈴木選手が内田市長を表敬訪問 東京パラ・競泳で5個のメダル獲得
  2. 東京パラ・車いすラグビー池崎大輔選手 「浦安をパラスポーツの街にしてほしい」 内田市長と実現を約束
  3. 東京パラ・車いすバスケットボール 京谷ヘッドコーチが内田市長を表敬訪問
  4. コロナ禍での上手な図書館活用法 ホームページを使って新ジャンルとの出合いも
  5. 1日乗り放題の乗車券「ぶらやすきっぷ」値下げ

ダイニチグループ
ベアビル株式会社
株式会社ウラタ
株式会社富士屋商事
佐野産婦人科医院
メディケア浦安/田所医院
さくら保育園
市民の新聞「うらやす情報」
田中屋海苔店

嘉永四年江戸時代創業の老舗質屋
江戸前佃煮 株式会社西金
今なお世界には、安全な水が供給されずに死んでいく子供たちが年間100万人以上います。あなたの力を貸してください…

PAGE TOP