復興・防災

東日本大震災から10年

 平成23年3月11日、東日本大震災が発生して、今年で10年。浦安市では市域の86%が深刻な液状化被害を受けた。被災世帯数は約3万7千世帯、被災者数は9万6千人を超えた。

 あの日、新浦安地域のマンション12階で大震災を体験した、住民はこう語る。

 「寝室のベッドで休んでいたところ、突然、ドーンという衝撃を受けました。リビングや台所からガラスや陶器の割れる音がガチャン、ガチャンと響き、マンションがぐらぐら揺れ、倒壊するかもしれないと思いました」

 液状化現象が起きた。上下水道は破損。電柱は傾いた。水を求め、住民は小学校の校庭で長時間行列し、給水車を待った。

多くの地域で液状化現象が起きた

 浦安市は直ちに災害対策本部を設置。避難所を開設した。住民も立ち上がった。協力してスコップで泥かき、バケツリレーで土砂を排出した地域もあった。共助の精神が発揮された。

 その後、浦安市は復興事業に取り組み、水道、道路、学校、公園などを整備。新浦安を貫くシンボルロードは美しく、よみがえった。

高洲中央公園の震災遺構

 今年2月13日深夜、福島県沖を震源とする強烈な地震が発生した。浦安も激しく揺れた。

 高洲中央公園の一角に震災遺構がある。マンホールが地表に突き出す。異様な情景だ。大規模災害時に、市民の飲料水を確保するため設置された貯水槽の一部が浮き上がった。東日本大震災の記憶を風化させないために残されたという。

 現地を訪れた女性は「東日本大震災から10年。久しぶりにここに来ました。あの日を忘れてはいけない。2月には強い地震が起きた。災害に備えなくては」と語った。

広告画像

関連記事

  1. いざという時に備えて 「避難所における新型コ ロナウイルス感染症への対応方針」を策定 いざという時に備えて 「避難所における新型コロナウイルス感染症へ…
  2. 猫実A地区も都市計画告示 自転車通行帯で車と分離 猫実A地区も都市計画告示 自転車通行帯で車と分離
  3. 浦安点描: 〜薫風に泳ぐ鯉のぼり〜 浦安点描: 〜薫風に泳ぐ鯉のぼり〜
  4. 公道面ブロック塀撤去 補助金活用で生垣設置を 公道面ブロック塀撤去 補助金活用で生垣設置を
  5. 浦安点描:梅雨を彩るアジサイ 浦安点描:梅雨を彩るアジサイ
  6. 市が15日に「視聴型総合防災訓練」実施 市が15日に「視聴型総合防災訓練」実施
  7. 愛犬をジャンプアップ 災害救助犬・訪問活動犬に 愛犬をジャンプアップ 災害救助犬・訪問活動犬に
  8. 浦安点描:新たな年に願いを込めて 堀江 清瀧神社 浦安点描:新たな年に願いを込めて 堀江 清瀧神社

新着記事

  1. ルイ・アームストロングの解説書を出版 浦安在住ジャズ奏者、外山夫妻が共著
  2. 貸し出し6000万冊を突破 浦安市立図書館
  3. ブリオベッカ浦安 日立に競り勝ってリーグ内1位返り咲き
  4. うらじょグルメ(25) 体にやさしい大豆料理が一押し 朝から心のエネルギーもチャージ 「ナカセンナリ豆花(トウファ)」
  5. おはよう体操で心身をリフレッシュ 週4回、市運動公園で開催

佐野産婦人科医院
メディケア浦安/田所医院
株式会社富士屋商事
市民の新聞「うらやす情報」
田中屋海苔店

嘉永四年江戸時代創業の老舗質屋
江戸前佃煮 株式会社西金
今なお世界には、安全な水が供給されずに死んでいく子供たちが年間100万人以上います。あなたの力を貸してください…

PAGE TOP