復興・防災

東日本大震災から10年

 平成23年3月11日、東日本大震災が発生して、今年で10年。浦安市では市域の86%が深刻な液状化被害を受けた。被災世帯数は約3万7千世帯、被災者数は9万6千人を超えた。

 あの日、新浦安地域のマンション12階で大震災を体験した、住民はこう語る。

 「寝室のベッドで休んでいたところ、突然、ドーンという衝撃を受けました。リビングや台所からガラスや陶器の割れる音がガチャン、ガチャンと響き、マンションがぐらぐら揺れ、倒壊するかもしれないと思いました」

 液状化現象が起きた。上下水道は破損。電柱は傾いた。水を求め、住民は小学校の校庭で長時間行列し、給水車を待った。

多くの地域で液状化現象が起きた

 浦安市は直ちに災害対策本部を設置。避難所を開設した。住民も立ち上がった。協力してスコップで泥かき、バケツリレーで土砂を排出した地域もあった。共助の精神が発揮された。

 その後、浦安市は復興事業に取り組み、水道、道路、学校、公園などを整備。新浦安を貫くシンボルロードは美しく、よみがえった。

高洲中央公園の震災遺構

 今年2月13日深夜、福島県沖を震源とする強烈な地震が発生した。浦安も激しく揺れた。

 高洲中央公園の一角に震災遺構がある。マンホールが地表に突き出す。異様な情景だ。大規模災害時に、市民の飲料水を確保するため設置された貯水槽の一部が浮き上がった。東日本大震災の記憶を風化させないために残されたという。

 現地を訪れた女性は「東日本大震災から10年。久しぶりにここに来ました。あの日を忘れてはいけない。2月には強い地震が起きた。災害に備えなくては」と語った。

広告画像

関連記事

  1. 浦安小さな旅(12) 「北栄」 浦安小さな旅(12) 「北栄」
  2. 防災と美観上から 無電柱化動き出す 防災と美観上から 無電柱化動き出す
  3. 東野3丁目液状化対策工事を公開 東野3丁目液状化対策工事を公開
  4. 日蓮宗正福寺でお会式 多彩な企画は東日本大震災がきっかけに 日蓮宗正福寺でお会式 多彩な企画は東日本大震災がきっかけに
  5. 「私のモロッコ」 写真コンテスト 影山さんが最優秀賞 「私のモロッコ」 写真コンテスト 影山さんが最優秀賞
  6. 自分たちのまちは自分たちで守る 浦安市消防団員を募集 自分たちのまちは自分たちで守る 浦安市消防団員を募集
  7. 藤棚50株もスピード満開 藤棚50株もスピード満開
  8. 浦安小さな旅 Vol.2 印象に残る情景 浦安小さな旅 Vol.2 印象に残る情景

新着記事

  1. オリンピック・パラリンピック育成選手指定証授与式 夢に向かうアスリートを激励
  2. 巨人・阿部慎之助新監督が初采配 侍ジャパンとの練習試合で完封勝利 浦安市PR大使にも就任中
  3. ブリオベッカ浦安 JFL2023シーズン準優勝!! さらなるレベルアップで来季は優勝を
  4. 浦安バル街 4年ぶりに開催 お店をハシゴするという企画を多くの市民が楽しむ
  5. 東京ディズニーシーの新テーマポート「ファンタジースプリングス」開業日が決定!

佐野産婦人科医院
メディケア浦安/田所医院
市民の新聞 うらやす情報
田中屋海苔店

嘉永四年江戸時代創業の老舗質屋
江戸前佃煮 株式会社西金
どこに生まれても、生まれてきて良かったと思える社会へ! JAFS関東

PAGE TOP