文化

うらやすの人(58) 『うらやす財団』理事長 石川豪三さん(62)

公共施設の管理・運営で大切な「安心・安全」
市民が快適に利用できることが最優先

 今年6月、公益財団法人 うらやす財団理事長に就任した。浦安市の文化会館など公共施設の管理・運営を担う。「地域とともに歩み続け、市民に愛される財団を目指します」と笑顔で語る。

石川豪三理事長

 浦安出身。大学卒業後、浦安市役所職員となった。

 「地元のために働きたかった。公務員の仕事に魅力を感じて」と振り返る。若いころ、市民スポーツや自治会などを担当した。「大会を開く。施設をオープンする。市民から喜ばれる。『ありがたい』という声が聞こえる。やりがいがありました」。

 市民経済部長、企画部長などを歴任。退職後、うらやす財団を率いることになった。

地域とともに歩み続けて市民に愛される財団を目指します

 「市職員当時から、『うらやす財団』の仕事を、かなり見てきました。職員一人ひとりがしっかり仕事をしている。真剣に取り組んでいることを肌で感じていました。いいところで仕事ができる。いろんなことをやってみよう」

 ところが、新型コロナウイルスが感染拡大。総合体育館や文化会館などの施設は一時閉館となった。その後、制限付きで開館することができた。

 『うらやす財団』は浦安のスポーツ・文化の振興、青少年の健全育成の一端を担う。その使命は大きい。ピンチをチャンスに。一丸となってチャレンジする。

 そのうえで「コロナ禍はだれも経験したことがない。感染対策をきちっとやって、市と連携して乗り越えていく。市民が楽しめるイベントを開催していきたい」と語る。

 公共施設の管理・運営で大切なことは「安全・安心」。市民が快適に利用できることを優先する方針だ。加えて「現場が中心です。地に足をつけて、市民の信頼を勝ちとっていきます」と強調した。

 県立八千代高校サッカー部で活躍。全国大会出場を果たした。母校の青木克己監督が人生に大きな影響を与えたという。「全国大会出場という明確な目標を定め、指導していただいた」と回想する。高校3年生の夏、足を骨折。サッカー選手として挫折を経験したが、今もサッカーを愛す。 好物は妻の手料理とウイスキーのハイボール。好きな言葉は「虚心坦懐」。

広告画像

関連記事

  1. ウラヤスフェス2019 アオギスパレード張り子修復作業に46人の子ども達が参加 ウラヤスフェス2019 アオギスパレード張り子修復作業に46人の…
  2. ウィーン留学から帰国した 浦安市出身のギタリスト 岡本拓也さん(26) リサイタル ウィーン留学から帰国した 浦安市出身のギタリスト 岡本拓也さん(…
  3. 浦安市国際交流協会 和食体験で文化交流 浦安市国際交流協会 和食体験で文化交流
  4. 18年連続でディズニーランド内「ショーベース」で開催 うらやす成人式 18年連続でディズニーランド内「ショーベース」で開催 うらやす成…
  5. 知ってるようで 知らない“生き物”「浦安の海苔養殖」展 知ってるようで 知らない“生き物”「浦安の海苔養殖」展
  6. うらやすの人(41): 樹木医の草分け 有田和實さん(72) うらやすの人(41): 樹木医の草分け 有田和實さん(72)
  7. 東急ホテル デコレーションルームで心に残る滞在を 徹底的にコンセプトにこだわった装飾 東急ホテル デコレーションルームで心に残る滞在を 徹底的にコンセ…
  8. 浦安市が東京藝術大学と連携して「浦安アートプロジェクト」を開始 浦安市が東京藝術大学と連携して「浦安アートプロジェクト」を開始

新着記事

  1. 浦安っ子が心待ちにしていた 浦安三社例大祭復活
  2. 迫力ある取組を生で観戦 大相撲浦安場所 4/18開催
  3. ウルフ・アロン選手がパリ五輪内定 東海大浦安高出身 東京五輪金メダリスト
  4. 接戦を制し九州に7対6で競り勝つ 浦安D-ロックス
  5. 東京ディズニーシー新テーマポート ファンタジースプリングス 6月6日にいよいよ開業!

佐野産婦人科医院
メディケア浦安/田所医院
市民の新聞 うらやす情報
田中屋海苔店

江戸前佃煮 株式会社西金
どこに生まれても、生まれてきて良かったと思える社会へ! JAFS関東

PAGE TOP