文化

うらやすの人(37): 「道路ふれあい標語」 最優秀賞受賞 大澤佳子さん

この道で おはよう さよなら ありがとう

 道路ふれあい月間(8月)の推進標語の最優秀賞を受賞した浦安市明海の大澤佳子さんに、市役所で国土交通省からの表彰が伝達された。千葉国道事務所の八尾光洋所長から賞状と記念品が贈られた。内田悦嗣市長も立ち会い「素晴らしい標語に感激した」と大澤さんをたたえた。

大澤佳子さん

受賞の喜びを語る大澤さん

 道路ふれあい月間は道路の役割、重要性を啓発するのを目的に、全国から推進標語を募集した。一般の部の応募数6841作品の中から、大澤さんの「この道で おはよう さよなら ありがとう」が推進標語に選ばれた。
 この標語は横断幕やパンフレットなどでキャンペーンに使われている。この標語を市役所の電光掲示板で市民にアピールした。

締め切りまぎわのメールがトップに

 大澤さんは東海大浦安高校の英語教師を経て、3年前から市適応指導教室の指導員として勤務。市の納税標語でも受賞している。今回は9作品を応募。3月31日の締め切りぎりぎりの時間にメールで送った作品が選ばれた。
 季節によって自宅から徒歩で40分かけて通勤している。この時間に標語などを考えるのが好きで作品をよく作るという。
 「道路では人やワンちゃんと会い、お元気そうなのを見てほっとすることもあります。道路で笑顔の挨拶が交わせることはいいですね。笑顔で挨拶が交わせることを嫌う人はいません」
 今年6月、大澤さん宅に1本の電話。国土交通省からというので、オレオレ詐欺からかも知れないと「どのようなご用件ですか」と聞いたら、これが受賞の知らせだった。嬉しかったという。

関連記事

  1. おさんぽカメラ: 全日本学生ダンス選手権大会 おさんぽカメラ: 全日本学生ダンス選手権大会
  2. Dr.竜の「診察ノート」 Dr.竜の「診察ノー卜」第31話: がんの10年生存率が初公…
  3. 写真で 振り返る 浦安三社祭 6 月17日~19日開催 写真で 振り返る 浦安三社祭 6 月17日~19日開催
  4. 富士屋商事社長 志田 健司 日本国の未来は(10) リセット元年 富士屋商事社長 志田 健司…
  5. 体と心の変化を実感 「寺ヨガ」でお経とヨガとティー 体と心の変化を実感 「寺ヨガ」でお経とヨガとティー
  6. 「青べか物語」上演ポスター 文学座、浦安ゆかりの 「青べか物語」を舞台化
  7. 「市民を笑顔にする」 サッカーを通して恩返し ブリオベッカ浦安 「市民を笑顔にする」 サッカーを通して恩返し ブリオベッカ浦安
  8. 1年で一番短い夜をキャンドルで楽しむ ホテルオークラ東京ベイ 1年で一番短い夜をキャンドルで楽しむ ホテルオークラ東京ベイ

新着記事

  1. 感染拡大防止を市民に呼びかけ 大切な家族・友人を守るため、責任感持った行動を
  2. 新型コロナウイルスの対策を発表 内田市長が会見
  3. Dr.竜の診察ノート
  4. 「リゾートライナー」の運行開始が延期
  5. 医療関係者への感謝と応援の気持ちをこめて シンデレラ城などがブルーライトアップ
 
PAGE TOP