文化

うらやすの人(36): 創立70周年迎える 浦安囃子保存会 杉山 徳生会長(84)

演者・囃子方の呼吸が人を感動

 テケテン、テケテン―。浦安市の郷土博物館から、耳ざわりのいいリズムが流れてくる。月2回、浦安囃子保存会会員たちの稽古のひとこま。創立70周年迎え、10月の記念公演に向け練習にも拍車がかかる。
 同保存会会員は高校生から80歳代までの50人。会員たちを総務の吉野忍さん(55)とともに指導するのが杉山さん。生まれも育ちも浦安。「実家は農家で “半農半漁”。終戦ですさんだ時代の昭和21年、まちをにぎやかにして、盛り上げたいと先人たちが結成した保存会。5年後に入会しました」。

杉山徳生会長・吉野忍 さん

浦安囃子保存会を牽引する杉山さん(右)と吉野さん

 約60年の活動歴があり、浦安囃子の “生き字引” 的存在。5月下旬の「カフェテラスin境川」で20年ぶりに復活した「水神祭」でも協力。市内の伝統芸能継承に欠かせない。「浦安囃子は一人前になるのには30年はかかるが、一緒に踊るのなら2~3年で演じられるようになる。100周年まで保存会がつづくよう、市民の皆様に育てていただきたい」と機会あるごとに訴えている。
 浦安囃子は昭和50年、市の無形文化財に指定。同年9月、第6回全関東祭囃子コンクールで優勝、高松宮杯を受賞。その技量と哀調漂う音色は高く評価されてきた。「幕張メッセで行われるイベントや全国各地のお祭りなどに年間10回くらい出演し、外国人にも喜ばれている」と吉野さん。保存会は平成元年11月には初の海外公演、スペインで開かれたジャパンフェスティバルにも参加。
 浦安囃子は東京・葛西囃子にほれ込んだ漁師仲間5人が昭和21年、江戸川区鹿骨地区の伝承者から習い伝えられた。笛、大太鼓、鉦(かね)各1人、締太鼓2人の計5人で演奏。祭り囃子ともいわれ、祭りには欠かせない庶民芸能だ。
 最近は女性会員が増え、男役をこなすほか、天孫降臨など神話に題材をとったものから、茶番劇(お笑い)などまで硬軟両様の演目で、アドリブをまじえて行う。「人を感動させるには演者と囃子方がぴったり合わないといけない」(杉山さん)。
 記念公演まで2カ月。会員たちの稽古には一段と熱がこもる。

広告画像

関連記事

  1. 「美浜公民館」がリニューアル 10月7日より利用が再開 「美浜公民館」がリニューアル 10月7日より利用が再開
  2. “猫トラ” 始動 師走の街を走る 清五郎運送 “猫トラ” 始動 師走の街を走る 清五郎運送
  3. Uセンターそろばん教室盛況 Uセンターそろばん教室盛況 91歳講師が“現役„
  4. 新浦安駅・浦安駅前で イルミネーション点灯式 新浦安駅・浦安駅前で イルミネーション点灯式
  5. 日蓮宗正福寺でお会式 多彩な企画は東日本大震災がきっかけに 日蓮宗正福寺でお会式 多彩な企画は東日本大震災がきっかけに
  6. 浦安囃子など房総の郷土芸能 東葛8団体が披露 浦安囃子など房総の郷土芸能 東葛8団体が披露
  7. 合気道連盟25周年記念演武 合気道連盟25周年記念演武 5.17
  8. 和食作り体験交流会 留学生や高校生ら33人が参加 和食作り体験交流会 留学生や高校生ら33人が参加

新着記事

  1. 浦安っ子が心待ちにしていた 浦安三社例大祭復活
  2. 迫力ある取組を生で観戦 大相撲浦安場所 4/18開催
  3. ウルフ・アロン選手がパリ五輪内定 東海大浦安高出身 東京五輪金メダリスト
  4. 接戦を制し九州に7対6で競り勝つ 浦安D-ロックス
  5. 東京ディズニーシー新テーマポート ファンタジースプリングス 6月6日にいよいよ開業!

佐野産婦人科医院
メディケア浦安/田所医院
市民の新聞 うらやす情報
田中屋海苔店

江戸前佃煮 株式会社西金
どこに生まれても、生まれてきて良かったと思える社会へ! JAFS関東

PAGE TOP