文化

海辺のカフェを総合公園で開催浦安を大好きな市民グループ「NEXT30」が主催

30年後を見据え、魅力的な海辺創出

 浦安を大好きな市民グループ「NEXT30」が主催する海辺のカフェが10月20日、東京湾を望む総合公園の境川河口周辺で開催された。秋晴れの休日、多くの市民が訪れた。市民グループは30年後を見据え、魅力的な海辺創出を目指す。

海辺のカフェは多くの市民でにぎわった
勇壮な和太鼓の演奏
優雅なバリ舞踊
小さな砂浜が設けられた
シャボン玉飛ばし
ゆったりと体を動かすヨガ

 NEXT30は30代〜70代の約20人が、親しみやすい海辺の整備を目指して活動を続けている。

 目標は (1)東京湾(三番瀬、日の出、明海、高洲)に人工のビーチをつくる (2)観光魚市場や海が見えるレストランを整備する (3)東京湾に桟橋を設置する ―の三本柱だ。

 活動の一環として「市民が海風を感じられる楽しいイベントを開きたい」と、海辺のカフェを企画した。今春から月1回程度、開催しており、今回は第6回目になる。

 浦安には砂浜がないので、白砂約2トンをトラックで運び込み、会場に小さな砂浜を設けた。子供たちは砂遊びを楽しんでいた。また、キッチンカーが登場。市民はゆったりした椅子に座り、おいしい料理や冷たいビールなどを味わっていた。

 多彩なイベントも催された。海辺でシャボン玉飛ばしが行われ、子供たちが歓声を上げていた。また、和太鼓の演奏が行われ、勇壮な太鼓の音が海に響き渡った。バリ島の伝統楽器、ガムランの演奏と優雅なバリ舞踊も披露された。ゆったりと体を動かすヨガは「とても気持ちいい」と好評だった。

 イベント終了後、子供たちが手伝って砂浜を片付けた。また、会場の撤収作業も市民の力で行った。

 NEXT30のメンバーは「子供たちが成長していく30年後を見据えた目標に向かって今、やれることを一歩、一歩、進めていく。浦安市などに提案して協働事業として取り組んでいきたい。市民の力で夢を現実にしていく」と意欲を示している。

 今年の海辺のカフェは今回で終了し、来春、再開する計画という。

関連記事

  1. 「浦安の海苔」の収穫開始 「浦安の海苔」の収穫開始
  2. 姉妹都市オーランドから ドクターフィリップス高が来日 姉妹都市オーランドから ドクターフィリップス高が来日
  3. 境川の水辺で再発見 秋のリバーウオーク 境川の水辺で再発見 秋のリバーウオーク
  4. リオ・パラに カイロプラクター伊佐さん 参加選手をケア リオ・パラに カイロプラクター伊佐さん 参加選手をケア
  5. 日本料理「行庵」が特選おせち料理販売 東京ベイ舞浜ホテルクラブリゾート 日本料理「行庵」が特選おせち料理販売 東京ベイ舞浜ホテルクラブリ…
  6. 新たな日本男子のたしなみ 男性のための茶道入門講座 新たな日本男子のたしなみ 男性のための茶道入門講座
  7. スペイン生まれの生活雑貨店 「muymucho」(ムイムーチョ) イクスピアリにオープン スペイン生まれの生活雑貨店 「muymucho」(ムイムーチョ)…
  8. 姉妹都市提携30周年 記念イベントを盛大に開催 姉妹都市提携30周年 記念イベントを盛大に開催

新着記事

  1. ミッキーとミニーがハッピーニューイヤー
  2. 令和2年の正月
  3. 矢野京介 弁護士
  4. 富士屋商事社長 志田 健司
  5. スキー教室 参加者募集
 
PAGE TOP