文化

海辺のカフェを総合公園で開催浦安を大好きな市民グループ「NEXT30」が主催

30年後を見据え、魅力的な海辺創出

 浦安を大好きな市民グループ「NEXT30」が主催する海辺のカフェが10月20日、東京湾を望む総合公園の境川河口周辺で開催された。秋晴れの休日、多くの市民が訪れた。市民グループは30年後を見据え、魅力的な海辺創出を目指す。

海辺のカフェは多くの市民でにぎわった
勇壮な和太鼓の演奏
優雅なバリ舞踊
小さな砂浜が設けられた
シャボン玉飛ばし
ゆったりと体を動かすヨガ

 NEXT30は30代〜70代の約20人が、親しみやすい海辺の整備を目指して活動を続けている。

 目標は (1)東京湾(三番瀬、日の出、明海、高洲)に人工のビーチをつくる (2)観光魚市場や海が見えるレストランを整備する (3)東京湾に桟橋を設置する ―の三本柱だ。

 活動の一環として「市民が海風を感じられる楽しいイベントを開きたい」と、海辺のカフェを企画した。今春から月1回程度、開催しており、今回は第6回目になる。

 浦安には砂浜がないので、白砂約2トンをトラックで運び込み、会場に小さな砂浜を設けた。子供たちは砂遊びを楽しんでいた。また、キッチンカーが登場。市民はゆったりした椅子に座り、おいしい料理や冷たいビールなどを味わっていた。

 多彩なイベントも催された。海辺でシャボン玉飛ばしが行われ、子供たちが歓声を上げていた。また、和太鼓の演奏が行われ、勇壮な太鼓の音が海に響き渡った。バリ島の伝統楽器、ガムランの演奏と優雅なバリ舞踊も披露された。ゆったりと体を動かすヨガは「とても気持ちいい」と好評だった。

 イベント終了後、子供たちが手伝って砂浜を片付けた。また、会場の撤収作業も市民の力で行った。

 NEXT30のメンバーは「子供たちが成長していく30年後を見据えた目標に向かって今、やれることを一歩、一歩、進めていく。浦安市などに提案して協働事業として取り組んでいきたい。市民の力で夢を現実にしていく」と意欲を示している。

 今年の海辺のカフェは今回で終了し、来春、再開する計画という。

広告画像

関連記事

  1. 「生きることと幸せ」 明海大で人口学会シンポ 「生きることと幸せ」 明海大で人口学会シンポ
  2. 多くの市民が先祖を供養 浦安市墓地公園 多くの市民が先祖を供養 浦安市墓地公園
  3. うらやすの人(16): 戦前~戦後の「浦安の造船史」宇田川信治さん(85) うらやすの人(16): 戦前~戦後の「浦安の造船史」 宇田川信…
  4. ウラフェスに新趣向 「日本酒・肴横丁」「星空の映画館」 ウラフェスに新趣向 「日本酒・肴横丁」「星空の映画館」
  5. ショッピングの魅力が広がる、イクスピアリ開業20周年のリニューアル! ショッピングの魅力が広がる、イクスピアリ開業20周年のリニューア…
  6. キュートなイチゴと充実のランチメニューを グランドニッコー東京ベイ舞浜 キュートなイチゴと充実のランチメニューを グランドニッコー東京ベ…
  7. 6種類のクレープや国産さくらんぼのタルトなど、約30種類を堪能 東京ベイ舞浜 ホテル クラブリゾート 6種類のクレープや国産さくらんぼのタルトなど、約30種類を堪能 …
  8. 姉妹都市提携30周年記念 第22回友好の翼 参加者募集説明会を開催 姉妹都市提携30周年記念 第22回友好の翼 参加者募集説明会を開…

新着記事

  1. ルイ・アームストロングの解説書を出版 浦安在住ジャズ奏者、外山夫妻が共著
  2. 貸し出し6000万冊を突破 浦安市立図書館
  3. ブリオベッカ浦安 日立に競り勝ってリーグ内1位返り咲き
  4. うらじょグルメ(25) 体にやさしい大豆料理が一押し 朝から心のエネルギーもチャージ 「ナカセンナリ豆花(トウファ)」
  5. おはよう体操で心身をリフレッシュ 週4回、市運動公園で開催

佐野産婦人科医院
メディケア浦安/田所医院
株式会社富士屋商事
市民の新聞「うらやす情報」
田中屋海苔店

嘉永四年江戸時代創業の老舗質屋
江戸前佃煮 株式会社西金
今なお世界には、安全な水が供給されずに死んでいく子供たちが年間100万人以上います。あなたの力を貸してください…

PAGE TOP