編集後記(うらやす情報 vol.54)

編集後記

 戌年の平成30年が明けました。それにちなんで、”イヌ” にまつわる話題を紹介しました。NPO法人の日本救助犬協会浦安チームが開いている「愛犬しつけ教室」から、災害救助犬や訪問活動犬がたくさん生まれることを期待したいものです。
 もうひとつは浦安三社境内の狛犬。それぞれに特徴があります。諸説ありますが京都国立博物館によると、起源は仏像の前に2頭の獅子を置いたからで、狛犬の形はそこからきています。
 獅子と狛犬一対で “阿吽” の呼吸で地域の平穏を守っているようです。
 今年が “ワンダフル” な1年になるよう、散策がてら三社めぐりをしてみては―。


関連記事

 

アーカイブ

ページ上部へ戻る