経済

明海大学生たちのワイン造り ブドウ育成やラベル考案など、一連を学生が担当

醸造会社が協力、今春のお披露目会も大好評

 浦安市の明海大学ホスピタリティ・ツーリズム学部の学生たちがワインプロジェクトに取り組んだ。山梨県のワイナリーのブドウ畑を借り、心を込めてブドウを育てた。今春、さわやかな味わいの「めいかいわいん2018」が仕上がった。

めいかいわいんお披露目会

めいかいわいん2018

 プロジェクトは平成28年度から始まった。高い水準のワイン造りを目指す白百合醸造会社(山梨県甲州市勝沼町)の協力を得て毎年、実施している。

 昨年、プロジェクトに取り組む学生たちが春から秋にかけて同社のブドウ畑に足を運び、枝切りや紙袋かけ、収穫などの農園管理作業を手伝った。
 また、ワインの試飲を重ね、専門家による勉強会を開いてワインや料理に関する知識を増やしていった。ボトルのラベルのデザインも学生が担当した。
 仕上がったワインは「さわやかで、すっきりした味わいです。和食に合います」(学生)という。300本製造した。

 「めいかいわいん2018お披露目会」が明海大学で開かれた。学生たちが運営し、明るい雰囲気に満ちていた。関係者が集まり、ワインを試飲したが、とても好評だった。
 明海大学に駆けつけた白百合醸造の内田多加夫社長は「ワインはブドウで決まる。学生たちは雨の日も風の日も畑の土を踏んで作業を行った。現場主義が大切。素晴らしいプロジェクトだ」と高く評価した。
 また、浦安観光コンベンション協会の桑田幸一会長も会場で試飲した。「汗をかくことが素晴らしい結果になる。ワインはおいしかった」と笑顔で語った。

 今後、学生たちは同協会の協力を得て、主に浦安市内のイベントなどで出店する計画だ。ワインをグラスに注ぐ作法なども学び、販売や接客を行うという。

 プロジェクトに取り組んだ女子学生は「初春から秋まで毎月、山梨県のブドウ畑に行って作業した。学生が心をこめて育てたブドウで作ったワインです。みなさんにさわやかな味を楽しんでいただきたい」と笑顔で話していた。

関連記事

  1. 1戸当たり負担200万円 液状化対策委で市試算を提示 1戸当たり負担200万円 液状化対策委で市試算を提示
  2. ホテルオークラ東京ベイ コートヤードで サマーバイキング開催 ホテルオークラ東京ベイ コートヤードで サマーバイキング開催
  3. わんぱく相撲浦安場所 〝小学生力士〟が熱戦 わんぱく相撲浦安場所 〝小学生力士〟が熱戦
  4. 「ふるさと納税」 10月1日より 返礼品の贈呈を開始 「ふるさと納税」 10月1日より 返礼品の贈呈を開始
  5. 震災アーカイブ利用、 29年度は6万9千件 震災アーカイブ利用、 29年度は6万9千件
  6. ハッピーハロウィーン'16 カラオケルームでパーティ! オリエンタルホテル 東京ベイ ハッピーハロウィーン’…
  7. ラッピングバス出発式  正しい自転車利用を呼びかける ラッピングバス出発式 正しい自転車利用を呼びかける
  8. 175室のアネックス棟増設 シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル 175室のアネックス棟増設 シェラトン・グランデ・トーキョーベイ…

新着記事

  1. ウラヤスフェスティバル2019開催直前 浦安芸術花火 QUEEN SUPER FIREWORKS~夜空のラプソディ~ チケット特別販売決定!
  2. 編集後記
  3. 豊受神社 秋祭り 浦安の伝統芸能が披露される
  4. 商工会議所が役員改選 新会頭に熊川賢司氏を選出
  5. 海辺のカフェを総合公園で開催浦安を大好きな市民グループ「NEXT30」が主催
 
PAGE TOP