社会

桜を市民に愛でて ソメイヨシノ植替え

 春爛漫の季節到来―。市みどり公園課によると、その代表的樹種・桜は市内の公園や緑道で2880本、街路樹は1382本で合わせて4262本(平成28年度末現在)。
 3月下旬に開花したソメイヨシノなどの花見を楽しむ市民の姿があちらこちらでみられた。桜を中心に市内の街路樹事情と手入れの現状をまとめた。

街路樹1万本中、ソメイヨシノなどが4割

 みどり公園課によると、市内にはソメイヨシノ、八重桜、イチョウなどの落葉樹と、クスノキ、クロマツなどの常葉樹、ナンキンハゼなど約30種、1万本の街路樹が植えられ、市民の目を楽しませている。

ソメイヨシノの若木

植え替えられたソメイヨシノの若木=東野

 このうち、春の代表的樹種、ソメイヨシノなどは約4200本に達している。公園では高洲中央240本、若潮100本、中央43本などの順。
 緑道では「しおかぜ」が約1400本、明海・高洲境川沿いが約190本、シンボルロードが約100本。街路樹では幹線3号(さくら通り)にソメイヨシノが240本、同4号(段差通路)に
400本、見明川沿いに同163本、市役所前に八重桜27本。

半世紀前から植樹、年間20本は植え替え

 みどり公園課によると、ソメイヨシノは昭和40年代に植樹してから半世紀。毎年、計画的に樹木調査を実施。樹木医に委託したり、助言を得たりして通行に支障が出ないように枝払いや毛虫の消毒など “デリケートな樹木” の手入れに当たっているという。
 現在は平成20年代から段差通路の東野―富士見間3・5キロで、老木やキノコが付く病害虫に犯された樹木を対象に年間20~10本植え替えている。植え替えするのは高さ3.5メートル、幹太18~15センチの若木で、翌年には開花するという。

関連記事

  1. 写真で 振り返る 浦安三社祭 6 月17日~19日開催 写真で 振り返る 浦安三社祭 6 月17日~19日開催
  2. 浦安景観まちづくり賞 10月末まで募集 浦安景観まちづくり賞 10月末まで募集
  3. Xマスイルミ、点灯 Xマスイルミ、点灯
  4. 業界ニーズ学び知見深めたい ホテル受講者に聞く 明海大 業界ニーズ学び知見深めたい ホテル受講者に聞く 明海大
  5. 病院・賃貸住宅・介護・保育 複合施設で起工式 病院・賃貸住宅・介護・保育 複合施設で起工式
  6. 7月27日(土) 「第40回浦安市花火大会」開催 7月27日(土) 「第40回浦安市花火大会」開催
  7. 漁師町の活気を今に 12・3まで郷土博物館で写真展 漁師町の活気を今に 12・3まで郷土博物館で写真展
  8. 病院、介護・保育を提供 東野複合施設完成 病院、介護・保育を提供 東野複合施設完成

新着記事

  1. 子どもたちの読書活動推進のため「子ども図書館」(仮称)整備計画進行
  2. 中央図書館がリニューアルオープン
  3. 「三社祭」に向けて意気込み語る 稲荷神社・総代長
  4. うらじょグルメ(10) コロッケとともに自家製カレーを満喫 コロッケのMARUYA(マルヤ)
  5. ディズニーアンバサダーホテル キングダム ハーツ スペシャルルーム再登場 シリーズを思い返せるリマインド新登場
 
PAGE TOP