行政

猫実A地区も都市計画告示 自転車通行帯で車と分離

 県は5月1日、浦安市新中通り・猫実A地区で計画している土地区画整理事業の都市計画決定を告示した。これで施行区域1.4ヘクタールが明確になり、市は同地区の事業化に向け、事業計画案の縦覧などや市議会で施行条例の承認を得て、平成31年3月を目標に県に事業認可申請を行う。

猫実A地区 土地区画整理事業

この道路と右側などが土地区画整理事業の対象になる=猫実

 新中通り・猫実A地区は、すでに完成した新中通り・猫実B地区(延長340メートル)から北へ県道やなぎ通りまで延長220メートルの道路を車道7メートル(車線4メートル、左右に自転車通行帯1.5メートル)、歩道を同2.5メートルで整備。
 30年度は事業化区域内の権利者でつくる「まちづくり協議会」で車道の東側にある50軒の地権者などの移転に伴う建物調査、換地設計などの進め方を話し合う。
 新中通り・猫実A地区は、27年度から勉強会や協議会で計画策定(ステップ1)、事業実現(同2)、事業実施(同3)に向けた話し合いを行ってきた。29年9月には「事業化判断アンケート」を実施。8割の賛成を得た。
 11月には地区住民説明会、素案の縦覧、12月に公聴会、今年2~3月にかけ案の縦覧、都市計画審議会開催を経て都市計画決定告示にこぎ着けた。工事期間はB地区から類推すると35年度ごろ完成の見通しになりそう。
 新中通り・猫実A地区は自転車の交通量が1日3千台(27年調査)あり、特に朝夕の通勤通学利用者が多い。このため、国交省や警察庁のガイドラインを受けて、B地区とは別の幅員構成にして交通安全を確保していく方針。

関連記事

  1. 三社祭稲荷神社 女神輿 華やかさも振りまく 三社祭稲荷神社 女神輿 華やかさも振りまく
  2. 友好のシンボルツリー 愛称は「うらっこ広場」 “水源”育んだ友好のシンボルツリー 愛称は「うらっこ広場」
  3. 猫実子ども新聞発刊へ 猫実子ども新聞発刊へ 子供目線で取材編集
  4. 全バスに無線LAN 大型液晶表示器も導入 東京BC 全バスに無線LAN 大型液晶表示器も導入 東京BC
  5. 4月から 新社名は 「うらやす財団」に変更 4月から 新社名は 「うらやす財団」に変更
  6. 堀江・猫実元町中央地区 防災まちづくり 勉強会スタート 堀江・猫実元町中央地区 防災まちづくり 勉強会スタート
  7. 元町の風景を考える―今と昔の橋わたし 元町の風景を考える―今と昔の橋わたし
  8. 高齢者の幸福度は… 日常生活にスポットを当て調査 高齢者の幸福度は… 日常生活にスポットを当て調査

新着記事

  1. 浦安小さな旅(1) 「原風景を巡る」
  2. うらやすの人(54) 豊洲市場の仲卸会社「山治」社長 山﨑康弘さん(50)
  3. 浦安の小中学校と幼稚園は登校・登園に
  4. 営業を再開「イクスピアリ」6月1日より
  5. 明海小6年生5人が手製マスク 100枚を老人ホームにプレゼント
 
PAGE TOP