文化

うらやすの人(32): 「浦安オールディーズバンド」

音楽通じて 共に元気で

 美浜4丁目の住宅街にある「浦安オールディーズバンド」リーダー・田中光男さん(69)の自宅。妻であり、ボーカルの典子さん(64)の案内で半地下式、30畳の防音稽古場に足を踏み入れた途端、懐かしくも迫力あるアメリカンポップスのメロディーが流れていた。
 この日は2週間に一度の練習日。7人のメンバーのうち、居合わせたベース担当の岡田二郎さん(70)、キーボードの久保英道さん(68)、バリトンの勝呂和男さん(68)、ギターの牛田康博さん(65)らに話を聞いた。

浦安オールディーズバンド

浦安オールディーズバンド。前列左から田中さん夫婦、岡田さん。
後列同、久保、勝呂(1人おいて)、牛田の皆さん

 メンバーの経歴も多彩。田中さんが元GS(グループサウンズ)「ジ・アイドルズ」から編集者に、岡田さんはジ・アイドルズから演歌歌手に転向。久保さんは元JAL国際線キャプテン。勝呂さんは元警視庁警視。牛田さんはフジテレビ制作会社の元テレビマン。多士済々だ。
 メンバーの平均年齢は、まさに “団塊世代”。演奏もさることながら「40~50キロもあるアンプなどの音響機器運搬や、会場のイス並べといった準備に時間がかかる」「段々きつくなってきた」「リハビリバンドだからね」―。
 口をついで出る自虐的なフレーズに、仲間との信頼関係が垣間見えた。このバンドを陰から支えているのが近所の60~70代のサポーター。会場でのイスの出し入れなどに欠かせない存在と、田中さんらは感謝しきり。

’50〜’60年代アメリカンポップス
26日 忘年ツイストライブ公演

 東京・荻窪生まれで板橋育ちの田中さんが浦安市美浜に居を構えたのは36年前の町時代。町会祭り10周年でバンドを結成したのが好評で「1回だけで解散はもったいない」とつづけて今年で25年。かつての “企業戦士” たちは第二の人生に入っている。
 公演会場も観客が100人を超えたため、美浜公民館を経て平成25年11月から新浦安駅前のウエーブ101に移転。レパートリーは1950~60年代アメリカンポップスからエルビス、ビートルズ、ジャズ、GS、青春歌謡など約270曲。
 口コミなどで固定ファンも増え、7割が常連さん。千葉県内だけでなく、東京、埼玉、神奈川から駆けつけるファンもいるという。 
「健康で長くつづけたい。われわれバンドメンバーも、お客さんとも手を携えていきたい」と田中さんは来年の目標を掲げた。
   ◇
 26日の忘年ツイストライブ公演は18時から、ウエーブ101大ホール。入場料500円。
 悲しき街角、朝日の当たる家、ダイアナ、GS、ビートルズほかを演奏。サプライズゲストが登場するかも!?

関連記事

  1. 幼児、障害者に配慮 富岡公民館 17日新開館
  2. Dr.竜の「診察ノート」 Dr.竜の「診察ノー卜」第25話: 日常生活に支障きたす 認知…
  3. レッツゴー バルドラール浦安 バルドラール浦安 12 月は2連勝 勝点6でスタート
  4. レッツゴー バルドラール浦安 レッツゴー バルドラール浦安 すみだ戦が後半戦を占う試金石
  5. 中高大学生7人 ネットラジオで公開収録を体験 中高大学生7人 ネットラジオ で公開収録を体験
  6. 薗浦健太郎氏インタビュー 安倍内閣における外交戦略とは 薗浦健太郎氏インタビュー 安倍内閣における外交戦略とは
  7. 空のF1離発着場 運動公園交通規制 「空のF1」 離発着場 総合公園交通規制 5/12〜末日
  8. 香りと歯ごたえに感動! 親子で夢中、そば打ち体験 香りと歯ごたえに感動! 親子で夢中、そば打ち体験

新着記事

  1. 編集後記
  2. 小学生にタグラグビー NZラグビーコーチが指導
  3. 浦安市墓地公園 複合霊堂が完成 8月1日より使用
  4. 街頭パフォーマンスライセンス 制度スタート
 
PAGE TOP