教育

学館浦安、決勝で散る 西千葉大会 甲子園にあと一歩 快進撃に評価高まる

 今年、第100回を迎えた夏の全国高校野球。記念すべき大会で東京学館浦安が快進撃。甲子園まであと一歩と迫ったが、7月26日の西千葉大会決勝で中央学院(我孫子市)に2―6で敗れ、惜しくも夢やぶれた。

 Cシードの学館浦安は、2回戦から出場。初戦は我孫子二階堂に10―1で7回コールド勝ち。3回戦は市立松戸に大苦戦。9回に一挙5点を奪い返して9―8と逆転勝ち。土壇場で息を吹き返した勢いで4回戦は小金に15―5、準々決勝も四街道に2―0で勝利した。
 市立船橋との準決勝は9回、1点のビハインドを逆転しサヨナラ。7年ぶりに決勝戦にコマを進めた。

西千葉大会決勝

先制点を奪われたがすぐに追いつき、盛り上がる学館浦安応援席=7月26日

 今年は記念大会のため、東千葉83チーム、西千葉80チームに分かれての開催。優勝チーム2校が甲子園大会へ出場できるとあって、浦安市民挙げて大いに盛り上がった。千葉市美浜区のZOZOマリンスタジアムでの決勝戦は、同じCシードの中央学院。ともに準決勝を劇的なサヨナラ勝ちで決勝に進んだチーム同士のうえ、両校とも2度目の甲子園大会への挑戦。
 決勝でも初回、中央学院に1点を先制されたが、その裏、学館浦安がすぐに追いついた。しかし、中央学院は4回に連続ソロ本塁打で2点、6回に3点を加点。学館浦安は反撃のチャンスをつかめないまま力尽きた。

 初優勝は逃したが、前年、準々決勝手前で優勝チームに敗れた実力。今年も決勝戦まで進出した実績は県内高校球界の間でも評価、注目されており、スタンドからは惜しみない拍手が長く続いた。
 浦安勢残る3校は、東海大浦安が1回戦津田沼に2―7で敗退。2回戦に進んだ浦安も西武台千葉に2―4、浦安南は船橋啓明に0―8で敗れた。

関連記事

  1. 新ユニフォームで誓い新た ブリオベッカ浦安 新ユニフォームで誓い新た ブリオベッカ浦安
  2. 三社祭稲荷神社 女神輿 華やかさも振りまく 三社祭稲荷神社 女神輿 華やかさも振りまく
  3. 飲み歩けバル街 23・24 、135店舗が参加 飲み歩けバル街 23・24 、135店舗が参加
  4. 第5回浦安百縁商店街 第5回浦安百縁商店街 13・14日に浦安駅周辺で開催
  5. 英国車いすバスケチーム 2年連続事前キャンプ ︐20東京パラリンピック 英国車いすバスケチーム 2年連続事前キ…
  6. じゅんかい線、8日から運行開始 じゅんかい線、8日から運行開始
  7. 東京ベイ浦安シティマラソン 約6500人が疾走 東京ベイ浦安シティマラソン 約6500人が疾走
  8. 事件・事故から子供守る輪が広がる 通学時間帯を中心に活動 事件・事故から子供守る輪が広がる 通学時間帯を中心に活動

新着記事

  1. 編集後記
  2. 浦安の輝くイルミネーション 各施設でクリスマスイベント満載
  3. クリスマスコンサートで美声披露目指し ボイストレーニングスタート
  4. 日蓮宗正福寺でお会式 多彩な企画は東日本大震災がきっかけに
  5. 「トイ・ストーリー」テーマホテル 2021年にTDRに完成
 
PAGE TOP