空のF1、ホテル貸切で実施 PVに市民詰めかける

 世界トップクラスのレースパイロットが操縦技術を競った「レッドブル・エアレース千葉2018」。5月26、27の両日、千葉市・幕張海浜公園で開催されたが、今年は大会のエアポートになっている浦安市の滑走路脇に、高層ホテルが開業したことから一時開催が危ぶまれるハプニング付きとなった。

空のF1パブリックビューイング会場

 それでも滑走路に隣接した市総合公園では、27日の決勝戦の模様がパブリックビューイング(PV)会場で公開され、多くの市民が大スクリーンに映し出された航空ショーを楽しんだ=写真。

 滑走路の周辺は航空機の安全確保のため空港によって建物の高さが航空法で制限されている。浦安市の場合は臨時とはいえ例外とはならず、高さ60メートル以上の建物は建てられない。しかし、5月1日にオープンした東京ベイ東急ホテルは大会用の滑走路から38メートル横にあり、18階建て、高さは70メートルあった。
 実行委員会では、すでに大会チケットを発売し、ワールドシリーズとしてパイロットも来日していたため大会を中止せず、苦肉の策としてホテル全室を3日間借り上げ、立ち入り制限することで国土交通省の許可を得た。

 スクリーン観戦していた市民は「結構多くの人が集まり、大人も子供も楽しめるイベントの一つ。来年もつづくといいですけど」と話していた。


関連記事

 

アーカイブ

ページ上部へ戻る