経済

うらやすの人(51) 浦安商工会議所新会頭 熊川賢司さん(59)

成熟期に入った浦安にとって 商工業の活性化が必要

 今秋、熊川賢司さん(59)は浦安商工会議所の新会頭に選任された。

 「同じ世代や下の世代に『やってくれないか』といわれ、推薦された。最初は固辞した。だが、成熟期に入った浦安にとって、商工業の活性化が必要と考え、決心した」と語る。

 任期は3年間だ。浦安の地域経済の発展に向けて舵取りを担う。

 「内田悦嗣市長とは懇意です。行政と力を合わせてやっていきたい」

 限られた予算とマンパワーの中で、「選択と集中」の原則に基づき、取り組むべき事業の優先順位を明確にする方針だ。

 「自分ひとりでは決められない。会員、役員、職員とともに変えるべきところと、変えざるべきところを考える。10年後を見据えたビジョンを作り、しっかりと舵取りをしていきたい」と語る。

 浦安商工会議所は創業支援セミナーに力を注いでいる。今季は11月から12月にかけて4日間コース。定員は30人だが、多くの応募があったという。セミナーでは若者からシニア世代までが経営者の心構え、目標管理、ビジネスプランの基礎、人材育成、販路拡大などを学ぶ。これまでに300人以上が受講し、起業した人も多くいる。

 「新しい起業家を支援する。また、事業の継承と後継者育成も大切だ。両輪として取り組んでいきたい」

 浦安商工会議所は現在、1870会員。工業、建設業、サービス業、飲食業など多彩な分野で構成されている。今後、会員を増やす方針で、2千会員を目標に掲げる。

 「そのためには『商工会議所に入ってよかった』と思われるように事業を展開していく」

 来年は東京五輪が開催される。浦安でも聖火リレーが行われる。

 「盛り上げていきたい。多くの宿泊客が浦安に来る。浦安市といっしょに何かやることがあれば・・・。みなさんといっしょに考えてみましょう」

 浦安の旧家に生まれた。熊川家14代目だ。早稲田大学理工学部を卒業後、大手企業に入社。コンピューター関連の仕事を続けた。30代で退社。浦安の不動産管理会社「ベアビル」代表取締役に就任した。

 青年時代、知人に誘われて浦安青年会議所に入り、理事長を務めた。

 「異業種の人たちと友人になれた。青年時代に築いた濃密な人間関係が人生の財産となっている」と笑顔で振り返る。

 30代~40代はゴルフに熱中した。「自分で戦略を立てる。うまくいくと面白い。また、気心の知れた仲間と全国各地をゴルフツアーするのも楽しい」と、にこやかに語る。

 歴史上の好きな人物は織田信長。好物は天ぷら。常々大切にしている言葉は「目的と手段」。袋小路に入っても、打破する力を重視する。

関連記事

  1. 飲み歩けバル街 23・24 、135店舗が参加 飲み歩けバル街 23・24 、135店舗が参加
  2. オリエンタルホテル東京ベイが 東日本大震災復興支援企画 オリエンタルホテル東京ベイが 東日本大震災復興支援企画
  3. 富士屋商事社長 志田 健司 日本国の未来は(8) 新型コロナウイルスは、いつ頃終息するのか?…
  4. うらやすの人(27) うらたすみよ織工房代表 浦田純代さん うらやすの人(27): うらたすみよ織工房代表 浦田純代さん
  5. 弁護士 京介 「家庭の法学」 弁護士 京介 「家庭の法学」(21) 子どもの連れ去り
  6. うらやすの人(17) 川本愛子さん「美しい音楽を浦安に」 うらやすの人(17): 川本愛子さん「美しい音楽を浦安に」
  7. うらやすの人(47) NPO法人養神館合気道龍代表 安藤毎夫さん(62) うらやすの人(47) NPO法人養神館合気道龍代表 安藤毎夫さん…
  8. 「よろずや十五夜」 イクスピアリ2階 オープン 「よろずや十五夜」イクスピアリ2階 オープン

新着記事

  1. 子どもたちの読書活動推進のため「子ども図書館」(仮称)整備計画進行
  2. 中央図書館がリニューアルオープン
  3. 「三社祭」に向けて意気込み語る 稲荷神社・総代長
  4. うらじょグルメ(10) コロッケとともに自家製カレーを満喫 コロッケのMARUYA(マルヤ)
  5. ディズニーアンバサダーホテル キングダム ハーツ スペシャルルーム再登場 シリーズを思い返せるリマインド新登場
 
PAGE TOP