2020年 東京パラ アーチェリー日本代表候補 総合公園で強化合宿

市民に模擬演技を披露

模擬演技を披露

 2020年東京パラリンピックのアーチェリー日本代表候補選手が5月14日から5日間、浦安市総合運動公園内のアーチェリー場で強化合宿。16日には市民に模擬演技を披露した=写真。

 強化合宿に参加したのは、数々の大会のメダリストでもあり、東京大会でも有望視されている国内トップクラスの選手10人。厳しい練習の合間に、競技の普及と地域交流を兼ねて、演技を公開した。

 アーチェリー競技は、「リカーブ」「コンパウンド」という2種類の弓を使った競技。リカーブは70メートル先、コンパウンドは50メートル先の的を狙う。種目は弓ごとの男女別と男女混合によるチーム戦があり、選手はそれぞれ障害の程度によって3段階にクラス分けされる。
 「リカーブの的の大きさは直径122センチ、コンパウンドは80センチ。1本30~40秒の持ちタイムの中、小さな的をめがけて神経を集中する。決勝トーナメントに進出するだけでも75本の弓を射る。精神力との戦いでもある」
 島田隆之ヘッドコーチが解説した。
 この日集まった市民は約30人。強化合宿は9月にも予定されている。


関連記事

 

アーカイブ

ページ上部へ戻る