東京パラリンピック競技 「ゴールボール」 ―市民が体験―

ゴールボールを体験

 2年後の東京パラリンピック競技「ゴールボール」を体験―。9月30日、明海中体育館で浦安市民らが関係者からこの競技の説明を受けながら障害者スポーツを学んだ。

 ゴールボールは視覚障害者が男女別に行うチーム競技。鈴の入ったボールを互いに投げあい、得点をねらう。選手は音を頼りにするため、観客はプレー中、声援は送れない。参加者たちはゴーグルのような “目隠し” をして、ゴールを目指してボールをころがしたり、相手のボールを体で阻止したりしていた。
 この競技、東京パラリンピック(幕張メッセ)の女子代表は有力な金メダル候補といわれる。


関連記事

 

アーカイブ

ページ上部へ戻る