行政

薗浦健太郎代議士インタビュー 新型コロナウイルスや国際問題を語る

 新年を迎えて、薗浦健太郎自民党副幹事長・選挙対策委員会委員長代理=衆院議員(千葉5区選出)=に、船出したばかりの菅義偉政権にとって最大の課題となっている新型コロナウイルスの感染防止や経済対策を質問した。また米国の新大統領発足に伴う日米関係や日中、日韓など、日本を取り巻く諸問題への率直な考えをうかがった。加えて今年は浦安市長選、県知事選、衆院選と選挙イヤーでもあり、決意を語ってもらった。

 菅首相の危機管理を支え、検査体制を強化 

――菅義偉首相の誕生はどうでしたか。
薗浦氏 菅首相は官房長官として7年8ヶ月もの間、官邸で危機管理を中心に仕事をしてこられた。コロナウイルスが猛威を振るうという異常事態の中で、官邸内部を良く知っており、且つ危機管理が出来る人が総理になったのは幸いでした。引き続き菅首相を支え、言うべきことは言っていきたいと思います。

――新型コロナウイルスは収束どころか拡大しています。今後の防止対策は。
薗浦氏 検査体制の強化とワクチンの接種体制を早期に作ることが大切です。また、PCR検査自己負担分についての公費負担や、ワクチン接種費用の国費負担などの議論を進めています。ワクチンは国費負担になる方向です。
 経済対策については、自治体が飲食店などに営業時間短縮を要請し協力金を支払う場合、国が財政支援金として5百億円追加交付する措置や、雇用調整助成金を2月末まで延長する方針です。

――論議を呼んだGoToトラベルはどうですか。
薗浦氏 ウィズコロナの時代に、「社会経済活動」と「感染拡大防止」の両立を図っていくため、「安全で安心な新しい旅のスタイル」を普及・定着させることを目的とした、重要なチャレンジだと位置付けています。
 キャンペーン自体の経済効果は5兆円を超えました。ホテル、旅館、その他関連の業界は一息ついているところが多いです。他方、感染拡大局面においては停止をするなど政治判断が求められます。収束した段階で再開すれば良いでしょうね。

 米国、北朝鮮、中国、韓国国際問題にも切り込む 

――米国の大統領が変わりますが、日本への影響は。
薗浦氏 この4年間の日米関係は、安倍晋三前首相とトランプ大統領との強固な信頼関係によるところが大きかった。今後はホワイトハウスだけではなく、議会との交流も丁寧にやっていくことで、より重層的な日米関係が構築されるのではないですか。

――北朝鮮の拉致問題、中国の尖閣諸島進出問題にはどう対処しますか。
薗浦氏 日本の重要課題です。その意識を日本が持っていることもバイデン氏は知っています。菅首相とバイデン氏の初めての電話会談の中で、「尖閣」というワードを最初に出したのはバイデン氏です。上院や副大統領の経験から日本の関心を知っている大統領です。「圧力をかけ、譲歩を引き出す」という旧来の手法がバイデン政権になって戻ってくるでしょう。

――現在、最悪の日韓関係はどうなりますか。
薗浦氏 約束を破っているのは韓国です。このまま手を握ると、日本は約束を破っても何もしてこない国だ、という印象を世界中の国に与えかねません。日本としては、合意をしたところから一歩も譲らないという姿勢に変わりはないです。これは日韓関係だけでなく、日本外交のスタンスそのものが問われています。

 今年は正に選挙の年SNSを活用して政策を訴える 

――コロナ禍のイベント事業は大変ですが。
薗浦氏 イベント主催者の方々と参加者の方々の努力と協力により、感染拡大防止と社会活動の両立に向けた流れを確実なものとするため、文化芸術やスポーツに関するイベントの需要喚起の両立を目指す制度設計と、主催者と参加者の方々の双方に向けて、着実な感染防止策を行います。
 困難な中ですが、浦安市が内田悦嗣市長の判断で防災訓練の実施にこぎつけたことに敬意を表したい。通常の開催が難しいのであれば、安全な開催に向けて議論を重ねていきたいですね。

――今年は選挙イヤーです。取り組みはどうされますか
薗浦氏 千葉県知事選に県議を3期務めた弁護士の関政幸氏らが、浦安市長選では現職の内田氏が立候補を表明。衆議院議員も10月の任期までには、国民の審判を仰ぐこととなります。今年は正に選挙イヤーといえます。政権与党として、今までやってきたこと、これからやっていくことを皆様方にお訴えしていきます。
 従来の選挙のやり方は大きく変わるでしょうね。コロナが終息するまで大規模集会は難しいので、今後はSNS等を活用し、政策を訴えていきます。

広告画像

関連記事

  1. シード・学館浦安に期待 高校野球開幕 シード・学館浦安に期待 高校野球開幕 浦安、東海大 浦安、浦安南…
  2. 浦安高 文科省の コミュニティ・スクールに指定 浦安高 文科省のコミュニティ・スクールに指定
  3. うらやすの人(22): オーボエ奏者 中村大貴さん うらやすの人(22): オーボエ奏者 中村大貴さん
  4. 矢野京介 弁護士 弁護士 京介 「家庭の法学」(37) 内縁関係の解消・財産分与
  5. 浦安市が墓地公園の特別枠募集 浦安市が墓地公園の特別枠募集
  6. 3路線目おさんぽバス 新町中心に運行へ 3路線目おさんぽバス 新町中心に運行へ
  7. レッツゴー バルドラール浦安 バルドラール浦安 オーシャンカップはベスト8
  8. うらやすの人(40): ブリオベッカ浦安の新監督 羽中田 昌 さん(53) うらやすの人(40): ブリオベッカ浦安の新監督 羽中田 昌 さ…

新着記事

  1. ルイ・アームストロングの解説書を出版 浦安在住ジャズ奏者、外山夫妻が共著
  2. 貸し出し6000万冊を突破 浦安市立図書館
  3. ブリオベッカ浦安 日立に競り勝ってリーグ内1位返り咲き
  4. うらじょグルメ(25) 体にやさしい大豆料理が一押し 朝から心のエネルギーもチャージ 「ナカセンナリ豆花(トウファ)」
  5. おはよう体操で心身をリフレッシュ 週4回、市運動公園で開催

佐野産婦人科医院
メディケア浦安/田所医院
株式会社富士屋商事
市民の新聞「うらやす情報」
田中屋海苔店

嘉永四年江戸時代創業の老舗質屋
江戸前佃煮 株式会社西金
今なお世界には、安全な水が供給されずに死んでいく子供たちが年間100万人以上います。あなたの力を貸してください…

PAGE TOP