浦安市議会・岡本よしのり議員の議会報告 現時点での浦安市の取り組むべき課題

浦安市の道路事情 あれこれ

岡本よしのり議員

岡本よしのり議員

岡本よしのり議員

 浦安市は地区により道路事情が様々。元町地区は、境川など漁港として利用していた川を中心にして住宅が密集し現在に至っており、緊急・救急車両が入れないなどの問題を抱えています。これについて浦安市では、未接道地区の解消と環境、利便性や安全性を向上するため、道路と住宅地の一体的な整備(土地区画整理事業)などを順次進めております。
 一方中町、新町地区の道路は開発設計の段階で幅員や歩道に関し十分な配慮のもと整備されましたが、ことがかえって利用者側の安全配慮に欠ける原因を作り、事故や大きな交通障害が発生しています。

 昨年末、毎朝あいさつ運動の中、3・5m高さ制限標識が破損しているのを確認しました。いわゆる当て逃げ状態で、歪んだ門型標識の下は乗用車が通過できないほど。境川沿い道路(市道11-1号線 入船橋アンダーパス)で、昨年同所で3回の事故とのことです。
 事故直後は高洲北小前交差点と若潮歩道橋T字交差点での迂回を促す交通整理と破損した標識の撤去で一時混乱しました。自転車や徒歩で新浦安駅方面に向かう方は口々に「またか。何とかいい方法はないものか?」とため息。私も残念で仕方ありません。

高さ制限標識破損

 原因は高さ制限を考慮しない車両の侵入です。迂回し辛い状況や交通量の問題で「しまった」と思っても後退せず無理に進入するドライバーもいるのではないかと思います。

 門型標識はまた設置されますが、もっともっとドライバーに注意喚起が必要です。カーナビゲーションシステムで車線の行き先や商店舗、駐車場などの案内などとともに高さ制限などの車両規制について周知できるようになればと考えております。

—————————
(おかもと・よしのり)
昭和37年3月 浦安市猫実生まれ 53歳
平成15年に浦安市議会議員となり現在4期目。同21年2期目で浦安市議会議長に就任、現在、浦安市都市経済常任委員会委員長、議会だより編集委員会委員長。


関連記事

 

アーカイブ

ページ上部へ戻る