行政

3路線目おさんぽバス 新町中心に運行へ

3路線目おさんぽバス 新町中心に運行へ

 浦安市民の足として定着している「おさんぽバス」の3路線目が、新町地域を中心に運行される見通しだ。市が2月定例市議会に補助金2億8520万円の予算案を提出。認められれば4月からスタートする。

 市が公表している新路線計画案=地図=によると、路線は延長13.7キロ。コースは新浦安駅入船地区―日の出公民館―高洲公民館―仮称リハビリセンター―こどもの広場―今川地区―順天堂大学浦安病院―総合福祉センター―市役所―美浜公民館―新浦安駅の循環型。内回り、外回りのコースに各42カ所の停留所を設け、所要時間約70分を予定している。
 運賃は一律100円。小学生以下無料。乗り継ぎの割引もある。

おさんぽバス運行ルート

 おさんぽバスは、公共バス路線の通らない旧町地域のコミュニティバス事業として、市が平成14年度から東京ベイシティ交通の協力で始めた。現在、「医療センター線」と「舞浜線」の2路線があり、新浦安駅を起点に1日上下各40本運行している。
 車両は30人乗りの小型ノンステップバス。朝7時20分から夜8時25分ごろまで、20分に1本のダイヤ編成。料金が一律100円と高齢者に分かりやすいのも利用者増につながっているようで、平均乗客数は1便当たり23人前後。ここ7年間、毎年130万人を超える利用者数を記録している。

 市では、新路線を予定している日の出、明海、高洲地区はまだ若い人が多いものの今後、高齢化率は徐々に上がると予想。各自治会からも新たなバス路線運行の要望が寄せられていたことから、新路線計画に踏み切った。

関連記事

  1. 堀江の正福寺で 「盆はお寺で過ごさナイト」を開催 堀江の正福寺で 「盆はお寺で過ごさナイト」を開催
  2. 愛犬をジャンプアップ 災害救助犬・訪問活動犬に 愛犬をジャンプアップ 災害救助犬・訪問活動犬に
  3. 市民プラザがリニューアルオープン 市民プラザがリニューアルオープン
  4. 浦安点描:6500人 ベイエリア力走 浦安点描:6500人 ベイエリア力走
  5. 記念撮影できます 市役所にフォトスタジオ 記念撮影できます 市役所にフォトスタジオ
  6. 働くチャンス増大 登録者減 シルバー人材センター 働くチャンス増大 登録者減 シルバー人材センター
  7. 市民憲章碑を寄贈 浦安ロータリークラブ
  8. 商議所総会、事業 報告など承認

新着記事

  1. 薗浦健太郎氏インタビュー ディズニーランド再開を良い転換期に
  2. ディズニーランド ディズニーシー営業再開 入園は半分以下に制限
  3. 国道357号(東京湾岸道路) 舞浜立体が開通
  4. 羽田空港と都心結ぶ新路線 舞浜駅直通の構想も
  5. 台風やゲリラ豪雨から身を守る 『待避所』を開設
 
PAGE TOP