ヨーカドー食品館閉店後もスターツ社 商業施設を導入へ

 明海4丁目のイトーヨーカドー食品館新浦安店の跡地について、内田悦嗣市長は2月16日の2月市議会施政方針で「開発事業者のスターツデベロップメント社に働きかけた結果、閉店後も食料品販売など市民の利用を想定した商業施設を導入する意向が示された。今後も買い物環境の維持で協議していく」と述べた。

イトーヨーカドー食品館新浦安店

暫定的に営業しているイトーヨーカドー食品館新浦安店

 これについてスターツデベロップメント社の吉澤一嘉常務は取材に「再開発の具体的なものは決まっていない。地域のデベロッパーとして、市民に役立つ(スーパーなどの)施設を敷地内に造ることは約束している」と話した。
    ◇
 昨年5月28日閉店した総合スーパー、イトーヨーカドー新浦安店は6月28日、「イトーヨーカドー食品館新浦安店」として再出発した。しかし、いつまで営業するかは明らかにされていない。同店舗を森トラスト・アセットマネジメント社から取得したスターツデベロップメント社は、まだ再開発の具体策を示していない。


関連記事

 

アーカイブ

ページ上部へ戻る