内閣総理大臣補佐官 衆議院議員 薗浦健太郎の活動報告 新年を迎えて

新年を迎えて

薗浦健太郎 議員

薗浦健太郎 議員

薗浦健太郎 議員

 1月22日から150日間の第196通常国会が始まりました。これから平成29年度補正予算に続き、平成30年度予算の審議が重ねられて行きます。私自身は、1月1日より各地域や企業・団体等の新年会や消防出初式等への顔出しなど出来るだけ直接お話を伺う機会を得たいと思い選挙区内を走りまわっております。

 また昨年8月に再任されました内閣総理大臣補佐官としても、総理官邸での仕事が始まっております。日米人物交流プログラムで来日した全米ユダヤ協会の若者たちとの懇談や、インド・バングラディシュ・ダボス会議等へ出張し各国政府高官との会談を行って参りました。出張先では現地メディアの取材にも極力対応し、日本の正しい情報を発信することを心掛けております。

昨年を振り返って

 昨年1月は外務副大臣としてスタートし、米国の新政権との関係構築や、アフリカ・中南米歴訪を経験。夏には安全保障担当の補佐官に就任し、北朝鮮問題への対処や関係国との連携強化、そしてインド太平洋戦略の構築に飛びまわった一年でした。その間、10月には衆議院議員選挙があり、多くの皆様方のご支持をいただき4期目の当選を果たすことが出来ました。国会で仕事をさせていただく事に、改めて身の引き締まる思いを感じております。

シン外務担当閣外相との会談

インドにてシン外務担当閣外相との会談

浦安市のこと

 これまでも内田市長や各市議会議員の皆様と協力しながら、京葉線とりんかい線の相互乗り入れ推進など地域の価値向上につながる施策に取り組んでおります。今後も、例えば国道357号線の連続立体整備の促進や舞浜地区の冠水対策など、しっかりとご要望に耳を傾けながら尽力して参る所存です。

——–
(プロフィール)
東京大学法学部を卒業後、読売新聞入社。2003年同社を退社、2005年衆議院選挙にて初当選。
現在 内閣総理大臣補佐官、衆院当選4回。


関連記事

 

アーカイブ

ページ上部へ戻る