夢と希望持ち運営 柳内会頭が強調

柳内会頭

 浦安商工会議所(柳内光子会頭)の平成30年賀詞交歓会が1月19日、東京ベイ舞浜ホテルクラブリゾートで開かれた。地元経済関係者、内田悦嗣市長、西川嘉純市議会議長ら約400人が出席した。

 柳内会頭はあいさつで「躍進する時代、夢と希望を持って商工会議所を運営したい。内田市長の政策を見て新しい浦安を作ってくれると感じている」=写真=と述べた。

 来賓の内田市長は「市の発展は商工業者の活力にかかっている。2020年の東京五輪・パラリンピックを機会に浦安のさらなるパワーアップを計りたい」とあいさつした。
 サプライズで柳内会頭の知人、歌手の五木ひろしさんが登場。歌と語りで会場を盛り上げた。
 大相撲の千代大龍関もお祝いに駆けつけた。


関連記事

 

アーカイブ

ページ上部へ戻る