行政

非常勤元市税収納員が税金200万円を着服

非常勤元市税収納員が税金200万円を着服

 浦安市は11月17日、非常勤で元市税収納員の男性(65)が税金約200万円を着服していたと発表した。内田悦嗣市長が臨時記者会見で、「あってはならない重大な問題。組織として管理体制が不十分だった。公金管理体制を強化し、市民の信頼回復に努める」と陳謝した。市は浦安署に告訴する方針。

 市によると、元職員は平成27年度から28年度にかけ、市内の1世帯が納入した市県民税や固定資産税の一部を複数回、着服。調査に「申し訳ない。生活費に使った」と罪を認め、反省しているという。
 元職員は17年に採用され、滞納した納税者宅を訪問して徴収する業務を担当。今年3月に退職。
 11月6日、収税課職員が滞納処分の整理業務で、元職員が担当していた納税者の納付額に相違点があり不正がわかったという。

関連記事

  1. 県内初 子宮頸がんワクチン 副作用被害者を10月から独自支援 子宮頸がんワクチン 副作用被害者を独自支援
  2. 来年6月完成予定 市役所立体駐車場着工 来年6月完成予定 市役所立体駐車場着工
  3. 包括支援センター 浦安駅前支所オープン 包括支援センター 浦安駅前支所オープン
  4. 明海大で12日、 市長選 公開討論会 明海大で12日、 市長選 公開討論会
  5. 浦安高 文科省の コミュニティ・スクールに指定 浦安高 文科省のコミュニティ・スクールに指定
  6. 今期限りで引退する深作勇氏 今期限りで引退する深作勇氏
  7. 2017衆院解散で市選管、 開票所は入船中で確保 2017衆院解散で市選管、 開票所は入船中で確保
  8. 市街地液状化対策工事 着手地区、舞浜など471戸に 市街地液状化対策工事 着手地区、舞浜など471戸に

新着記事

  1. 編集後記
  2. 後継者難の打開、起業家を増やすため 創業支援セミナーを実施
  3. 稲荷神社 社務所と御輿庫を建て替え
  4. 浦安市は松戸市と 「家庭系一般廃棄物の処理に関する協定」を締結
  5. 夏到来―東京ディズニーリゾート スペシャルイベント
 
PAGE TOP