行政

消火器無償貸与復活へ 来年度から市民要望に応える

 浦安市内の多くの家庭に備えられていた消火器が消えてから4年。同市が無償貸与事業を中止したためで、市はこの方式を復活する検討を始めた。議会で認められれば来年度から実施する。

無償貸与の消火器

 昭和40年代、市内には木造家屋の密集地が多く、大火事が心配されていた。このため市は同47年度から消火器の無償貸与事業を開始。なかなかの人気で、市内の多くの家庭で備えられた。その後、急速に共同住宅化、燃えにくい鉄筋コンクリートのマンションが続々誕生。「消火器は無用」との声が多くなり、平成25年度で無償貸与を中止した。
 現在は市内の共同住宅化が70%になっているが、28年度は建物火災31件、車両火災など45件が発生している。部分焼が多く、大火になったケースはない。家庭での天ぷら油の過熱、ストーブの消し忘れなど、家庭内のミスからの発生が多い。

 いまでも転入者には消火器を無償で貸与している。この消火器=写真、高さ約50センチ、重さ約4キロで、少し扱いにくいという。来年度から無償貸与を予定しているのは、いま配置している消火器より小型で軽く、扱いやすいタイプを選ぶことにしている。
 市には市民から消火器の無償貸与事業を再開してほしいとの声が多数寄せられている。

関連記事

  1. 高齢者見守りネットワーク スタート 高齢者見守りネットワーク スタート
  2. 新庁舎竣工式 20日から全面業務開始 新庁舎竣工式 20日から全面業務開始
  3. 市長施政方針 強い大地へ全力で取り組む 市長施政方針 強い大地へ全力で取り組む
  4. 東京ベイ舞浜ホテル クラブリゾート Xマスケーキ販売 東京ベイ舞浜ホテル クラブリゾート Xマスケーキ販売
  5. 公選法改正 「選挙権18歳以上」で市選管、啓発に本腰 公選法改正 「選挙権18歳以上」で市選管、啓発に本腰
  6. 地震の記録を電子化 7月からネット公開を開始 地震の記録を電子化 7月からネット公開を開始
  7. 40人前後が立候補か 2月11日 市議選説明会を開催 40人前後が立候補か 2月11日 市議選説明会を開催
  8. 松崎氏の挑戦、成就せず 現職の壁厚く、知名度不足 松崎氏の挑戦、成就せず 現職の壁厚く、知名度不足

新着記事

  1. 浦安魚市場が閉場
  2. 浦安の魅力を世界に向けて発信
  3. ホテルオークラ東京ベイ 新総料理長に大塚康成シェフ
  4. 平成30年度 浦安景観 まちづくり表彰
  5. うらじょグルメ(1) さりげなく、味わい深いイタリアン ASPARAGUS(アスパラガス)
 
PAGE TOP