産経新聞千鳥センターで 浦安市など合同消防訓練

 大規模事業所の火災に備えた浦安市消防本部と市川市消防局の合同消防訓練が11月17日、産経新聞印刷千鳥センターで行われた。

合同消防訓練

両市自慢の高所はしご車で、取り残された2人を屋上とバルコニーから救出︎

 大型ホテルや建物が多い両市は消防の協力が不可欠で、合同訓練を毎年実施している。
 2月の埼玉県三芳町の大型倉庫火災を教訓に、発生初期段階での対応が被害拡大を防ぐポイントと指摘されたため、倉庫や事業所が並ぶ千鳥地区での訓練になった。

 3階機械室で火災発生との想定。自衛消防隊員は館内放送や初期消火、119番通報などを行った。全員避難が指示され、取り残された2人を両市消防の高所はしご車が屋上と3階バルコニーから救出した。
 この日は両市消防から消防車両8台と45人が参加。現場到着から放水までの手順を確認した。


関連記事

 

アーカイブ

ページ上部へ戻る