注目記事

いろいろありました! 今年の出来事回顧

 今年も残すところ20日。紙面から主な出来事を回顧した。

沈没船の撤去作業開始

▽1月 浦安市内中心部を流れる境川の景観などを損ねていた沈没船の撤去作業が、2月から始まった。沈没船は猫実、美浜地区などに放置された漁船やヨット、ボートなどのプレジャーボート類45隻を確認。うち38隻は船舶番号がはぎとられ所有者不明。沈没船の所有者が分かった場合は、撤去費用の一部負担を求めるという。

松崎市政にピリオド

▽2月 県知事選立候補に伴い、浦安市長を辞職した松崎秀樹氏は2月9日、市役所で退任式に臨み、18年余の松崎市政にピリオドを打った。

文化会館リニューアル

▽3月 浦安市文化会館の大規模改修工事が3月末で終了。4月からリニューアルオープン。文化会館は、昭和56年の市制施行を記念して建設。地下1階地上3階建ての鉄筋コンクリート造り。施設が老朽化し、大ホールの天井などが落下する危険性が出てきたため、昨年7月から改修工事を行っていた。
 音響、照明を備えた1304席の大ホールと405席の小ホールに加え、リハーサル室、練習室、会議室を併設。伝統芸能からロック、フォーク、演歌、クラシックなど多くのコンサートや催しが年間を通して開催されてきた。

内田氏が市長選初当選

支持者とともに万歳する内田氏(後列中央)=3月26日午後10時半ごろ

内田氏が市長選初当選

▽4月 松崎前市長の知事選出馬に伴う浦安市長選は3月26日投開票され、無所属で新人の前県議、内田悦嗣氏(52)=自民、公明推薦=が、前市議の折本ひとみ氏(59)と前市議の岡野純子氏(38)の無所属2新人を破り、初当選。今回は知事選、市議補選(欠員2)とのトリプル選挙。市長選の投票率は45.20%で過去最低だった前回(40.56%)を上回った。当日有権者数は13万2164人。
 内田氏は、「市民から大きな負託をいただいた。これはゴールではなく、スタートだ。浦安市がもっと輝くため、粉骨砕身がんばる」などと抱負の一端を語った。
 内田市長が3月28日、市役所に初登庁。記者会見で「身の引き締まる思い。皆さんの期待に応えられるよう、がんばりたい」と述べた。
 事業の継続と刷新では「分野的に先入観をもたずに市民の声を聞いて見直したい」。