行政

堀江・猫実元町中央地区 防災まちづくり 勉強会スタート

避難最短ルート、危険度を点検

 地震時などに危険な密集市街地(8ヘクタール)を一部に抱えている浦安市堀江・猫実元町中央地区の第1回防災まちづくり勉強会が11月11日スタートした。会場の浦安小体育館には44人が参加。総合ガイダンスにつづき、図上ワークショップ(WS)で町丁別に、避難の最短ルートと危険度チェックなどで参加者が意見交換し、地区整備の情報共有を目指した。

防災まちづくり勉強会

44人が参加した防災まちづくり勉強会

図上WS

図上WSでは4町丁別に
“避難”の観点から地区の防災環境を考えた

新橋周辺広場

整備が予定されている新橋周辺広場

 勉強会は今夏、実施した堀江・猫実元町中央地区のアンケート結果で、住民の80%が地震災害時の危険性を感じ、95%が防災まちづくりの必要性を認識しているのを受けた試み。

 この日のWSは堀江・猫実から男35人、女9人が参加。東京・葛飾区堀切での事例などから、防災まちづくりの考え方や地区の特徴を紹介。「密集市街地での防災まちづくりの事例」などの説明を受けた。
 図上WSでは4町丁別に“避難”の観点から地図を前に地区の防災環境を考えた。
 WSで (1)細い道路が多いので消防車が入れる広い道が必要 (2)新中通り(340メートル)の南北への延伸 (3)避難場所・浦安小までの道路整備 (4)初期消火に役立つ道路わきの消火器配置確認 ― などの意見が出された。
 出席者のアンケートでは、電柱の地中化や「住民自助」の考えを共有する必要がある ― などが示された。

 一方、11月18日はまちづくり事務所で「新橋周辺広場づくりWS」が開かれ、参加者13人が同広場周辺を見学した。

 市は、(1)「防災まちづくり方針」の策定 (2)新橋周辺広場の整備 ― を先行して取り組む。住民の意見を具体的に反映させるため、来年2月にかけ、5回の防災まちづくり勉強会のWSを経て、3月に防災まちづくり方針案説明会を開く予定。

関連記事

  1. 震災アーカイブ利用、 29年度は6万9千件 震災アーカイブ利用、 29年度は6万9千件
  2. さっそく "ドロンコ遊び" 「こどもの広場」オープン さっそく “ドロンコ遊び” 「こどもの…
  3. いじめ防止第三者機関設置 いじめ防止に第三者機関設置
  4. 県議選は3人立候補  12日に投開票 県議選は3人立候補 12日に投開票
  5. 「青べか物語」上演ポスター 文学座、浦安ゆかりの 「青べか物語」を舞台化
  6. 9月議会、補正予算など 16議案提出 9月議会、補正予算など 16議案提出
  7. 市長施政方針 強い大地へ全力で取り組む 市長施政方針 強い大地へ全力で取り組む
  8. 人形を使った遺体取扱訓練 首都直下型で震度7想定 人形を使った遺体取扱訓練 首都直下型で震度7想定

新着記事

  1. 浦安魚市場が閉場
  2. 浦安の魅力を世界に向けて発信
  3. ホテルオークラ東京ベイ 新総料理長に大塚康成シェフ
  4. 平成30年度 浦安景観 まちづくり表彰
  5. うらじょグルメ(1) さりげなく、味わい深いイタリアン ASPARAGUS(アスパラガス)
 
PAGE TOP