「オリーブと噴水の広場」が誕生 イクスピアリ

 舞浜の複合商業施設、イクスピアリに、樹齢250年を超すオリーブの古木がシンボルの「オリーブと噴水の広場」=写真=が誕生した。オリーブの木の周囲は、だれでもくつろげる芝生スペース。花壇とベンチもあり、四季折々の花が、訪れる人を出迎えてくれる。

オリ ーブと噴水の広場

 広場の東側はスイレンの浮かぶ池。噴水からは最大で約6メートルの水柱13本が吹き上がる。池とオリーブの木の間のデッキテラスにはテーブル、イス、パラソルが用意され、読書や軽食に自由に利用できるという。
 広場のオープンを記念して、イクスピアリ1階のガーデン・サイト「自然派ビュッフェ 饗の詩」では「オリーブとスモークサーモンのクスクスサラダ」などの特別メニューを用意している。


関連記事

 

アーカイブ

ページ上部へ戻る