行政

地震災害時の危険性80%、防災まちづくり必要性95%

堀江.猫実元町中央地区住民アンケート報告会

 堀江.猫実元町中央地区住民の80%が地震災害時の危険性を感じ、95%が防災まちづくりの必要性を認識していることが9月23日、中央公民館で行われた住民アンケート報告会でわかった。まちづくりの課題では、消防車通行可能な道路整備が336通でトップ、次いで身近な避難経路の確保が218通。
 市はこの結果を受け、(1)「防災まちづくり方針」の策定 (2)新橋周辺広場の整備―を先行して取り組む。住民の意見を具体的に反映させるため、11月から来年2月にかけ、5回の防災まちづくり勉強会のワークショップを経て、3月に防災まちづくり方針案説明会を開く予定。

水上から消火作業の提案も

境川の水上から船での消火作業の提案も市民から出た=右が堀江、左が猫実

 防災アンケートは6月~7月にかけ、堀江2丁目(一部).同3丁目(同)と猫実3丁目、同4丁目の元町中央地区(35ヘクタール)の世帯を対象に2582通のアンケートを配布して実施。回収率は504通(約20%)だった。
 おもな調査結果を紹介する。

【回答者の属性】
 年齢では40歳代と70歳代がそれぞれ16.5%でトップ。次いで60歳代が16.3%。30歳代が11.1%、50歳代が9.9%で各世代から幅広い関心がうかがえる。世帯構成では親子31.9%、夫婦21.8%、三世代6.5%で約6割が家族世帯。単身世帯も25%を占めた。
 地域的には猫実3丁目が回収数158(回収率18%)▽猫実4丁目が同154(同20%)▽堀江2丁目が同99(同23%)▽堀江3丁目が同92(同19%)で、ほぼ平準化。
【災害時の危険性と防災まちづくりの必要性】
 住んでいる地区に災害時(特に地震時)の危険性を感じているのは「なんとなく」42.3%、「強く感じる」38.5%で合わせて80.8%に達している。
 住んでいる地区に防災まちづくりの必要性を認識しているのは「必要」が63.1%、「できれば取り組むべき」が32.3%で、合計95%以上が必要性を認識している。

1位は消防車通れる道路整備

【まちづくりの課題】
 全体では (1)消防車などが通れる道路整備が336通 (2)身近な避難経路の確保が218通。次いで塀の倒壊や落下物の防止対策が198通、初期消火などの防災活動196通と建て替え.改修の促進192通―の順。
【地域別】
 猫実4丁目では①に次いで「塀の倒壊や落下物の防止対策」が2番目。猫実3丁目では (1)に次いで「建て替え.改修の促進」が2番目。堀江3、2丁目では①に次いで「身近な避難経路の確保」が2番目。
 防災以外の課題では猫実4丁目が「地区内の交通対策」。猫実3丁目・堀江3丁目は「空き家・空き店舗対策」、堀江2丁目は「福祉.子育て環境の充実」がそれぞれ最多。
 「不燃構造で建て替える新ルール」では「検討すべき」が全体で94.5%。堀江3丁目の新橋周辺の防災広場計画は「整備すべき」が同87.9%。境川沿いの遊歩道整備は同87.3%。災害時の避難経路づくりは「協力できる」が同76.2%。
【まちづくりの進め方】
 (1)地区全体で取り組むが36.5%②行政が主体で取り組む29.6% (2)町丁目ごとに話し合い取り組むが22.6%。
 町別で最多は猫実4、堀江3丁目が「地区全体」、堀江2丁目が「町丁目と行政主体」、猫実3丁目が「行政主体」となっている=3面に関連記事

関連記事

  1. 不妊治療研究に補助金   市の少子化対策、順天堂大に 不妊治療研究に補助金
  2. また給食を中止 異物混入の恐れで また給食を中止 異物混入の恐れで
  3. 4月から 新社名は 「うらやす財団」に変更 4月から 新社名は 「うらやす財団」に変更
  4. 内田市長の施政方針 成熟期迎え、再構築必要 内田市長の施政方針 成熟期迎え、再構築必要
  5. 全国初、入船中に「植物工場」 全国初、入船中に「植物工場」 新鮮なレタスを収穫
  6. 録音電話で詐欺予防 千円で機器を給付 録音電話で詐欺予防 千円で機器を給付
  7. 6月議会肉付け補正 予算案など可決 6月議会肉付け補正 予算案など可決
  8. 高洲包括支援センターがオープン 高洲に高齢者の“より所” 包括支援センターがオープン

新着記事

  1. 子どもたちの読書活動推進のため「子ども図書館」(仮称)整備計画進行
  2. 中央図書館がリニューアルオープン
  3. 「三社祭」に向けて意気込み語る 稲荷神社・総代長
  4. うらじょグルメ(10) コロッケとともに自家製カレーを満喫 コロッケのMARUYA(マルヤ)
  5. ディズニーアンバサダーホテル キングダム ハーツ スペシャルルーム再登場 シリーズを思い返せるリマインド新登場
 
PAGE TOP