内閣総理大臣補佐官 衆議院議員 薗浦健太郎の活動報告 内閣総理大臣補佐官に就任

内閣総理大臣補佐官に
就任致しました。

薗浦健太郎 議員

薗浦健太郎 議員

薗浦健太郎 議員

 去る8月3日に発足した第3次安倍第3次改造内閣にて内閣総理大臣補佐官を拝命致しました。総理官邸にて辞令交付を受け、大変身の引き締まる思いです。総理補佐官として主に「国家安全保障に関する重要政策」を担当いたします。
 また、その他の役割として、内閣の庶務、重要施策の企画立案・総合調整、情報の収集調査などを担っております。拝命した総理補佐官の仕事に邁進するとともに、引き続き子供の貧困対策やスポーツ行政、雇用問題にもしっかりと取り組んで参ります。

外務副大臣の仕事を振り返って

 昨年8月に外務副大臣を拝命してから1年間、2014年9月から1年間の外務政務官と合わせて丸2年間、日本外交の現場で働いて参りました。
 外務副大臣・外務政務官の役目にあった2年間を振り返りますと、訪問した地域は72ヵ国・地域(のべ109)、移動した距離は106万km(地球26.3周)、海外への訪問日数は214日間となります。また、相手国の閣僚以上との会談は270回でありました。
 今後も、副大臣時代に担当していた日米関係や中東への対応などは、引き続き総理補佐官としても、河野外務大臣を支えて参りたいと思っております。

首相補佐官就任

浦安市のこと

 3月26日投開票の浦安市長選挙では、内田えつし市長が誕生致しました。これまでの千葉県議会議員としての実績が多くの市民の皆様に評価された事を嬉しく思います。内田市長や市議会の皆様と協力しながら、京葉線とりんかい線の相互乗り入れ推進など、浦安市の価値向上につながる施策に取り組んで参ります。

——–
(プロフィール)
東京大学法学部を卒業後、読売新聞入社。2003年同社を退社、2005年衆議院選挙にて初当選。
現在 内閣総理大臣補佐官、衆院当選3回。


関連記事

 

アーカイブ

ページ上部へ戻る