チェロなどの演奏に挑戦 管弦楽フェスティバル2017

弦楽器体験教室

 うらやす管弦楽フェスティバル2017の「弦楽器体験教室」が8月11、12の両日、市文化会館で開かれた。

 小学3年から中学生まで約70人の応募者がバイオリン、ビオラ、チェロ、コントラバスの “演奏” にチャレンジ。
 初日の11日午後、11人が低音が魅力のチェロに挑戦。音楽家の講師から楽器の特徴などの説明を聞いた後、ファーストポジション、楽器の抱え方、ボウイングなどの基本をみっちり学んだ。
 子供たちはイスに浅くかけてチェロを抱きかかえ、基本音階の「ドソレラ」の位置などを真剣な表情で取り組んでいた=写真。

 成果発表会で貴重な体験!
 2日間、各楽器の特訓を受けた参加者は13日に、文化会館大ホールで指導講師らと成果発表会のコンサートを開いた。250人の市民から拍手を送られ、ちょっぴり “演奏家” 気分を味わい、貴重な夏休み体験になったようだ。


関連記事

 

アーカイブ

ページ上部へ戻る