貿易ゲームで自由研究

楽 しい貿易セミナー

 夏休みの自由研究のヒントにしてもらおうと8月21日、市青少年館で「楽しい貿易セミナー」が開かれた。明海大経済学部の3年生4人が講師を務め、市内の小学生4~6年生15人がクイズ形式で楽しみながら、日本と海外との貿易の現状などを学んだ=写真。

 クイズでは (1)2016年の日本で貿易輸出入額が最も多い国は?(中国) (2)自由貿易促進のための世界貿易機関の略称は?(WTO) (3)日本で最も貿易取引の多い空港は?(成田)―などが出され、自由貿易の基本と関税をゲーム形式で学んだ。
 明海大経済学部長の下田直樹教授は「ゼミの学生も勉強するいい機会になった」と見守っていた。また、参加した小学4年の男子は「楽しいけど(先生の)指導は厳しかった。自由研究に役立てたい」と話した。


関連記事

 

アーカイブ

ページ上部へ戻る